熊谷市で屋根裏への地デジフラットアンテナ設置

熊谷市内で電波状況の良かった場所でのフラットアンテナ(デザインアンテナ)設置事例です。 BS/CSアンテナも含めたフルセット工事となっています。 今回はBSアンテナの設置位置なども含め、既存のアンテナ配線の位置などを検討した結果、地デジフラットアンテナは屋根裏へ、BSアンテナは新規に屋根裏から引き出したアンテナ線に接続する形となりました。 外壁に出ていたアンテナ配線を屋根裏の中に引き込み、BS用の配線はベランダ側に新たに配線してあります。 配線用にあけた穴は、シリコンコーキングにて防水処理を施しています。...

熊谷市でフラット(平面)アンテナの取付

こんにちは。松本です。 先日の熊谷市でのフラットアンテナ取付事例を紹介します。 埼玉県も場所によって電波の最適受信方向(放送塔)が異なってまいりますが、熊谷市は場所によって東京タワーであったり児玉中継局であったり、状況によっては前橋中継局からの電波が一番いいという地域です。 またそれらすべてで受信できる場合もあり、電波障害となってしまうこともございます。 受信調整はやや繊細かもしれません。   ビスなどを打つ場所には、穴の中やビス自体に防水処理を施しています。...

熊谷市でフラットアンテナの設置です

こんにちは。松本です。 先日埼玉県熊谷市でフラットアンテナの設置工事を行いましたので紹介します。 設置面が濃い色の壁であったため、今回はDXアンテナのUAH800B(ブラックブラウン色)を使用しています。 入線プレートが目立ってしまうぐらい、アンテナ自体は建物にとてもマッチした設置になっています。 通常入線プレートも何色かラインナップがありますので、新築中の方は是非ハウスメーカーさんともそういった部分までお話しされてみてはいかがでしょうか。...

屋根裏に地デジを設置したときのメリットとデメリットを知りたい

最近では地デジアンテナの屋根裏設置が増えてきたように思います。 当社ではかなり昔から実証実験を行い、検討の結果正式サービスとして提供しているものです。 そんな中で見えてきた、地デジアンテナの屋根裏設置に対するメリットやデメリットをいくつか紹介します。 メリット 紫外線、雨、風などの影響を受けずに済む※ただし、一般的なフラットアンテナは耐候性の強いASA樹脂を使用しています。 外壁に影響がないため、防水の劣化(変性シリコンコーキングによる防水もメンテナンスが必要です)の心配がない 外壁のメンテナンスの時にアンテナが邪魔にならない...

大雪によるアンテナ倒壊被害

こんにちは クラウンクラウンの松本です。 2014年2月には記録的な大雪が数回降り、地域によってはその大雪によるアンテナ被害が多発しています。 埼玉県熊谷市では、現在も何百棟以上もの家屋でアンテナが倒壊したままとなっています。 現在クラウンクラウンでは、アンテナ倒壊の復旧サポートを優先的に行っております。 すでにテレビが見られなくなってから1週間経つ方もいらっしゃいますが、近隣の家電量販店などではすでに今月中の対応ができないほど予約が埋まっているそうです。...

Pin It on Pinterest