新築に設置するBSアンテナは4K対応にするべきか

4K/8K放送について 2016年12月1日より、NHKに続き民放での4K試験放送が始まりました。 とはいえ、これは一般家庭では観ることのできないもの(あくまで事業者向けの試験であるため)なので、一般的にはその存在自体知られていないかもしれません。 そもそも4K放送とは何なのか? 簡単に説明すると次世代の高精細衛星放送のことで、2018年から本放送開始予定となっています。 高精細放送って必要あるの?という声も多くありますが、実際に目にするとその美しさには感動します。...

新築アンテナ工事を頼むポイント2015年版

前回まとめた記事は既に3年前となり、少し事情が変わってきたこともあり、改めて最新版としてまとめてみたいと思います。 今回はマトリックス分析などを含め、前回よりは直観的にわかりやすくまとめられたらと思います。 一都三県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)近辺でのアンテナ工事業者の選び方をまとめてみました。 テレビの視聴自体、アンテナ工事を行う以外の選択肢もありますが、今回はアンテナ工事を行うという場合の選択肢について検討した記事となっています。 今回も以下のように分類しました。 グループの分類 家電量販店...

そろそろ本気で考えたいプロと素人の仕事

クラウンクラウンのミッションの一つは、この設備工事業界の地位向上です。 これは私、松本の強い想いをそのまま反映したものなのですが、その経緯等については後日クラウンクラウンブログにて書いてみたいと思います。 この業界の地位向上の妨げになっていると感じているものの一つに、仕事をしている人の中にプロとしての義務を果たせていない存在があることです。 プロとしての義務はいろいろありますが、無資格、または知識不足で工事を行っている人に焦点を当てたいと思います。 前者は論外ですが、後者の存在がとても多いのです。...

アンテナケーブルは太くなくてはいけないのか

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 某質問掲示板で「アンテナケーブルはどれを使えばいいでしょう?」と言うような質問があると、決まって「S5C-FBじゃないとだめ」と言う、いわば高性能信仰的な答えをよく目にします。 ですが、実際には細いケーブルもよく売られており、見える場所に配線しなくてはいけない場合など、極力細く目立たないケーブルで配線したいと思うのが一般的でしょう。 では本当に、細いケーブルは使うべきではないのか、クラウンクラウンが独自に検証してみました。 内容 今回の検証で使用したのは以下の4種類のケーブルです。...

アンテナ工事への雪の影響

こんにちは。 クラウンクラウンの松本です。   関東でも先日久々の大雪が降り、大変でした。 翌日からはいい天気に恵まれてはいるものの、実はアンテナ工事には未だに大きな影響があります。 屋根の上に雪が残ってしまっていると、屋根の上の作業ができない、ということです。 いたってシンプルなことなのですが、なかなか屋根の上の雪に関しては関東では気にされる方も少なく、言われてみればまだ雪が残っているかもしれない、というぐらいの感覚の方が多いのではないでしょうか。...

Pin It on Pinterest