CSってなんですか?

日本では現在衛星放送としてBSとCSをご覧になれます。 BSとCS、名称は似ていますが実はそれぞれBroadcasting Satellites(放送衛星)、Communication Satellites(通信衛星)のことで、もともとは別の目的の衛星のことを指します。 さらに、CSは110度CS、124度/128度CSと二つのサービスがあります。 これは衛星軌道が、それぞれ東経110度、124度、128度にある衛星のことです。...

細田工務店のアンテナ工事

細田工務店のアンテナ工事について 細田工務店の特徴 細田工務店の住宅には大きな特徴があります。 基本的には2階の天井点検口の中にアンテナ配線が集約されています。 ブースター用の100Vコンセントもこの中に設置されています。 アンテナ用のブースター電源はこちらに設置しますが、地デジアンテナのみの設置の場合など、電波の質がいい場合はブースター本体もこちらに設置することもあります。...

ブースター内蔵型フラットアンテナはお勧め?

地デジブースター内蔵型の地デジフラットアンテナの設置は、ほとんどの場合お勧めしておりません クラウンクラウンでは、工事の際に地デジブースター内蔵型の地デジフラットアンテナの設置は基本的にお勧めしておりません。 なぜなのか、順を追って説明してまいります。 ブースター内蔵型地デジフラットアンテナには、大きく分けて以下のようなものがあります。 標準的なアンテナに地デジブースターとBS混合入力が内蔵されているもの(※UAH201AS、U2SWL20Bなど)...

アンテナ工事の注意事項

クラウンクラウンの工事における注意事項です 受信チャンネルについて 地デジアンテナの受信チャンネルは、基本として東京スカイツリーからの民放キー局、およびNHKのみを想定しております。 TOKYO MXテレビや他の放送塔からのローカルチャンネル(テレ玉や放送大学地デジなど)は受信保障しておりません。 ※受信方向や電波の強さが異なるため。 ※放送大学地デジは2019年に停波予定です。 同時に問題なく映る場合もありますが、映らない場合はご了承ください。 4K8K放送の受信について...

新築に設置するBSアンテナは4K対応にするべきか

4K/8K放送について 2016年12月1日より、NHKに続き民放での4K試験放送が始まりました。 とはいえ、これは一般家庭では観ることのできないもの(あくまで事業者向けの試験であるため)なので、一般的にはその存在自体知られていないかもしれません。 そもそも4K放送とは何なのか? 簡単に説明すると次世代の高精細衛星放送のことで、2018年から本放送開始予定となっています。 高精細放送って必要あるの?という声も多くありますが、実際に目にするとその美しさには感動します。...

Pin It on Pinterest