こんにちは。松本です。
最近はテレビの壁掛け設置がかなり増えてきていますが、その中でも若干特殊な設置とも言えるコーナーへの設置事例を紹介します。


 
今回はSANUSのフルモーションマウントMF215を使用した、部屋の隅への斜め設置事例です。
工事の流れを多くの写真を使って説明したいと思います。
 

まずは柱の位置や太さなどを確認の上、設置位置を決めレーザーで墨出を行います。
 


次にテレビの背面に金具を固定します。
あるいはあててみて、金具の取付位置とテレビの関係を把握します。
 


今回は先に金具の固定をして、取付状態を確かめました。

 

レーザーの線に合わせて、水平垂直を確かめながら金具の位置決めを行います。


 


今回はコーチボルトを利用して取り付けるため、下穴をあけて確認をします。
 


下穴に合わせてコーチボルトで金具を固定していきます。
 


壁側の金具を取り付けた状態で水平垂直をレーザーで確認しています。
今回使用した金具は壁側が細い形をしているので特に垂直の確認は大切です。
 

コンセントからのコードが見苦しくならないように、テレビの背面に隠れる位置に移設します。そのため既存のコンセントを一度開けます。


 


新たに設ける電源とアンテナのコンセント(挿し込み)用に穴を開けます。
 


今回は横向きに設置しましたが、もちろん縦でも大丈夫です。
電源のコンセントに関しては必ず電気工事士の国家資格が必要となりますので、注意してください。
 

最終的にテレビを取り付けてアームを折りたたんだ状態の写真です。2段のアームになっているのでかなり自由に動かすことができます。


 

ちなみにアンテナと電源のケーブルは後ろでまとめられています。


 
今回の仕上がり後の動画とSANUS公式の動画を紹介します。※BGMが流れますので注意してください。
 

 

 

 
今回工事で使用した金具はこちらです。

また今回の工事料金は35,300円、金具が24,800円、雑材処理費が1,000円の合計61,100円となりました。

工事料金表も公開しております。参考になさってください。
テレビの壁掛け工事料金表

Pin It on Pinterest