江戸川区のハウセットで地デジアンテナ工事とBSアンテナ工事

今回は江戸川区での施工となりました。 直接東京スカイツリーは見えないものの、いくつかの建物に隠れているだけで、距離としては十分目視できる場所でした。 建物は2階建てで、2階の道路側の壁面にはCATV接続用のアンテナ配線がしてアリ、屋上には八木式アンテナを設置した場合の配線、更には光ケーブルでつなげた場合の配線までしてありました。 アンテナ工事をする立場からしても、お住まいになる方の立場から考えても非常に親切な配線ですね。...

草加市で屋根裏に小型フラットアンテナ工事

屋根裏設置事例の多いPOLUS(ポラス)ですが、今回は今までとは少し違う事例です。 まず屋根の勾配が緩やかに作られていたため、屋根裏のスペースが小さくなっていました。 通常のフラットアンテナ(八木式20素子相当・UAH810など)では設置できるスペースが足りないため、取り付けることができません。 電波の受信状況を確認すると小型のアンテナでも十分受信できておりましたので、お客様の当初のご希望通り屋根裏(天井裏)へのアンテナ設置となっています。...

小型フラットアンテナ性能比較2014年

地デジアンテナも今ではかなりデザインアンテナ(主にフラットアンテナ)が知られるようになり、新築物件では多く取り入れられるようになってきたように思います。 それでも現地調査なしに「この地域では取り付けができません、と断られたので屋根の上にアンテナを立てました」なんて声を聴くこともあります。 同様に、2014年に発売された小型のフラットアンテナも、スタンダードの20素子タイプと比べて性能が弱いため「ごく一部の限られたエリア以外では施工不可」などと決めつけられて、調査さえも行ってもらえないというケースもあるかと思います。...

豊島区で地デジフラットアンテナミニの取付

豊島区で小型の地デジフラットアンテナを取り付けた事例です。 元々黒いアンテナ線が引き込まれていましたが、バランスを考えて見えるところは薄灰色(実質白と言われるケーブル)のケーブルになるように工夫しています。 また、アンテナ線の引込位置、電波の受信方向、建物の形状、電波の受信感度などをトータルで考えマスプロ電工のスカイウォーリーミニ(U2SWLC3)を90度角度をつけて設置しています。...

羽生市で小型フラットアンテナと黒いBSアンテナの設置工事

埼玉県羽生市でのフルセットアンテナ工事施工事例です。 比較的フラットアンテナ(デザインアンテナ)での視聴が難しいと言われることが多い地域のようですが、今回はフラットアンテナの中でも小型のもので十分な電波を受信できています。 また、壁が濃い色であったため、それに合わせて地デジもBSも黒いアンテナで統一しています。 ブースターがどうしても黒ではなく、そこが残念ではありますが、正面から見たときに見えなくなる位置に取り付けることができています。...

Pin It on Pinterest