江戸川区のハウセットで地デジアンテナ工事とBSアンテナ工事

今回は江戸川区での施工となりました。 直接東京スカイツリーは見えないものの、いくつかの建物に隠れているだけで、距離としては十分目視できる場所でした。 建物は2階建てで、2階の道路側の壁面にはCATV接続用のアンテナ配線がしてアリ、屋上には八木式アンテナを設置した場合の配線、更には光ケーブルでつなげた場合の配線までしてありました。 アンテナ工事をする立場からしても、お住まいになる方の立場から考えても非常に親切な配線ですね。...

練馬区にてKJ40W730Cの壁掛け工事事例

練馬区でのテレビの壁掛け工事事例となります。 今回は補強のある壁への取り付けとなりました。 SONYのブラビアシリーズ、KJ-40W730Cを当社推奨の金具ブランドSANUSのVLT5(ティルティング)で取り付けした事例となります。 今回は金具とテレビの寸法がぴったりでした。 もう少しテレビが小さかったり、背面の固定ボルト穴の位置が違っていれば、金具が正面から見てはみ出してしまっていたかもしれません。 なお、今回は金具の付属ボルトではすっきりつけられなかったため、M6、15mmのボルトを別途用意しております。...

藤沢市にてスカイツリーからの電波受信

こんにちは。 今回の地デジアンテナ+BSアンテナ工事は藤沢市でしたが、東京スカイツリーと平塚中継局の両方の放送エリアにあたる場所での工事でした。 このように複数の電波塔からの電波を受けられる場所もあるのですが、その場合、どこでも好きなところを選べると言うことでもなく、放送エリアの中であってもうまく受信できないものがあります。 今回はどちらの電波を受けるのがいいか、という選択において、以下の点を考慮して決定しています。 電波の受信感度 それぞれの電波を受ける際に設置する場所の都合...

東村山市で屋根裏(天井裏)にフラットアンテナを設置しました

当社の施工実績の中でも、比較的屋根裏施工の多い一建設(はじめけんせつ)の建物事例です。 今回は東村山市での施工事例となります。 フラットアンテナ(デザインアンテナ)を屋根裏に設置しています。 一建設では、多くの場合天井裏をアンテナ線が通っているため(※すべてかどうかはわかりません)屋根裏で電波さえ受信できれば、特殊な工事をしなくても屋根裏受信(結線)が可能となります。 天井裏を通っているアンテナ線(大元の引込線)を途中で切断し、アンテナに接続します。 この時、電波の状況によりブースターの設置位置も検討します。...

足立区で55インチブラビアのTV壁掛け工事

こんにちは。 クラウンクラウンの松本です。 今回は東京都足立区での55インチブラビア(KDL-55W900A)の壁掛け設置事例を紹介します。 ※取付金具はVLL10を使用しています。 今回は補強のされていない壁でしたが、本柱と間柱に金具をしっかり固定することができました。 SANUSの金具の多くは、壁側の金具とテレビの位置に融通が利くため、金具を壁面の左右中心に設置しなくとも、テレビを中心に固定することが可能です。 今回は柱にしっかり固定するために、金具の中心と壁の中心(左右)は10cmほどずれています。...

Pin It on Pinterest