DXアンテナの新しいフラットアンテナ発表

DXアンテナから新しいフラットアンテナが発表されました。 当社ではしばらく前に製品情報をいただいていたのですが、とうとう公式ウェブサイトでも発表になりましたのでこちらでもご案内いたします。 デザインが一新され、20素子タイプと26素子タイプ、また地デジブースター内蔵型までオールラインナップとなりました。 今回の目玉は26素子相当のアンテナの小型化および軽量化ではないでしょうか。 UAH810が登場してから、26素子相当のUAH900は重く大きなアンテナとしてなかなか一般には使いづらい製品となってしまっていました。...

DXアンテナの新型アンテナUAH810プレビュー

こんにちは。松本です。   まだ発売前のDXアンテナ社製最新型フラットアンテナ、デジキャッチフラットシリーズ、UAH810が手に入りましたのでさっそく検証を行いました。 検証としては地上高8mの場所(当社屋上)にて、DXアンテナのUAH800、UAH810、マスプロ電工のU2SWL20の3機種を同条件で電波測定をしました。 また大きさ等も色々と比べてみました。   ただし、以前測定した時と少し数値も変わっていた為、天候などによる誤差も充分に含まれているかもしれないということが前提です。...

DXアンテナから超高性能新型アンテナUAX20P1発売

DXアンテナから2010年11月1日に超高性能型20素子パラスタックアンテナが発売されます。 こんにちは。 当社でお勧めしているフラットアンテナを代表とするデザインアンテナを除くと、通常は素子と呼ばれる短い棒が、何本も平行に並んだアンテナ(通常魚の骨の様だと形容される)が用いられていると思いますが、通常のものは素子が1段で並んでいます。このパラスタック型のアンテナと言うものは素子が上下にスタック(積み重ね)されたものとなっています。 この構造により、放送局からの電波が弱い地域でも高い受信能力を発揮することができます。...

ブースター内蔵型フラットアンテナはお勧め?

地デジブースター内蔵型の地デジフラットアンテナの設置は、ほとんどの場合お勧めしておりません クラウンクラウンでは、工事の際に地デジブースター内蔵型の地デジフラットアンテナの設置は基本的にお勧めしておりません。 なぜなのか、順を追って説明してまいります。 ブースター内蔵型地デジフラットアンテナには、大きく分けて以下のようなものがあります。 標準的なアンテナに地デジブースターとBS混合入力が内蔵されているもの(※UAH201AS、U2SWL20Bなど)...

アンテナ工事の注意事項

クラウンクラウンの工事における注意事項です 受信チャンネルについて 地デジアンテナの受信チャンネルは、基本として東京スカイツリーからの民放キー局、およびNHKのみを想定しております。 TOKYO MXテレビや他の放送塔からのローカルチャンネル(テレ玉や放送大学地デジなど)は受信保障しておりません。 ※受信方向や電波の強さが異なるため。 ※放送大学地デジは2019年に停波予定です。 同時に問題なく映る場合もありますが、映らない場合はご了承ください。 4K8K放送の受信について...

Pin It on Pinterest