新築に設置するBSアンテナは4K対応にするべきか

4K/8K放送について 2016年12月1日より、NHKに続き民放での4K試験放送が始まりました。 とはいえ、これは一般家庭では観ることのできないもの(あくまで事業者向けの試験であるため)なので、一般的にはその存在自体知られていないかもしれません。 そもそも4K放送とは何なのか? 簡単に説明すると次世代の高精細衛星放送のことで、2018年から本放送開始予定となっています。 高精細放送って必要あるの?という声も多くありますが、実際に目にするとその美しさには感動します。...

新宿区で4KテレビKD-55X9200Aをフルモーション設置

新宿区にて、SONYの55インチ4Kテレビ、KD-55X9200Aを2段アームのフルモーション金具で設置してまいりました。 コンクリート部分に「あと施工アンカー」で設置しています。 アームが結構長いので、テレビの電源ケーブルが壁まで届いていません。 見栄えを考えると、延長ケーブルをテレビの後ろまで延ばすことを考えた方がいいかもしれません。 この金具は最終的にアンカー部分をカバーで隠せるので、とてもきれいに仕上がります。...

ブースター内蔵型フラットアンテナはお勧め?

地デジブースター内蔵型の地デジフラットアンテナの設置は、ほとんどの場合お勧めしておりません クラウンクラウンでは、工事の際に地デジブースター内蔵型の地デジフラットアンテナの設置は基本的にお勧めしておりません。 なぜなのか、順を追って説明してまいります。 ブースター内蔵型地デジフラットアンテナには、大きく分けて以下のようなものがあります。 標準的なアンテナに地デジブースターとBS混合入力が内蔵されているもの(※UAH201AS、U2SWL20Bなど)...

アンテナ工事の注意事項

クラウンクラウンの工事における注意事項です 受信チャンネルについて 地デジアンテナの受信チャンネルは、基本として東京スカイツリーからの民放キー局、およびNHKのみを想定しております。 TOKYO MXテレビや他の放送塔からのローカルチャンネル(テレ玉や放送大学地デジなど)は受信保障しておりません。 ※受信方向や電波の強さが異なるため。 ※放送大学地デジは2019年に停波予定です。 同時に問題なく映る場合もありますが、映らない場合はご了承ください。 4K8K放送の受信について...

アンテナ工事の仕様

アンテナ工事の仕様 弊社のアンテナ工事で使用する機器や材料は以下のようになっております。 なお、表示されている料金は標準設置料金を含んだものとなります。 アンテナ本体(フラットアンテナ・デザインアンテナ) 以下のアンテナの中からお選びいただけます。 在庫限りのものは色によっては既に終了しております。 工事車両内部スペースの関係からすべての種類のアンテナをお持ちすることはできません。ご希望のアンテナがあれば事前にお申し付けください。 取り寄せ品の場合は最短で3営業日以降の工事となります。...

Pin It on Pinterest