スカイウォーリーの垂直偏波用アンテナが発売されます

こんにちは。 今回より新製品情報を新カテゴリーとしてご紹介することにいたしました。  今回ご紹介するのはマスプロが去年の春より発売開始している、デザインアンテナ、スカイウォーリーの新製品で垂直偏波専用アンテナです。 現在発売されているスカイウォーリーも垂直偏波を受けることはできたのですが、縦長でスッキリとしたデザインを横に倒さなくてはいけないということと、自重による不安定さが心配でした。それらを解消する新製品として、11月にU2SWLVを発売いたします。...

近くの電波放送塔の放送チャンネルが知りたい

まず、ご自宅がどの放送塔(電波塔・電波中継局)の放送エリアに入るのか確認してみましょう。 A-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)|放送エリアの目安 各都道府県別に順次まとめていきますので、ご参考になさってください。 なお、一部の中継局は垂直偏波となっており、アンテナを90度傾けた取り付け方となります。 一部の工事業者さんはデザインアンテナ(フラットアンテナ)を無理やり横に倒して設置していることもありますが、金具の構造、防水の観点からメーカーでは禁止している取り付け方となります。...

アンテナ工事の仕様

アンテナ工事の仕様 弊社のアンテナ工事で使用する機器や材料は以下のようになっております。 なお、表示されている料金は標準設置料金を含んだものとなります。 アンテナ本体(フラットアンテナ・デザインアンテナ) 以下のアンテナの中からお選びいただけます。 在庫限りのものは色によっては既に終了しております。 工事車両内部スペースの関係からすべての種類のアンテナをお持ちすることはできません。ご希望のアンテナがあれば事前にお申し付けください。 取り寄せ品の場合は最短で3営業日以降の工事となります。...

藤沢市にてスカイツリーからの電波受信

こんにちは。 今回の地デジアンテナ+BSアンテナ工事は藤沢市でしたが、東京スカイツリーと平塚中継局の両方の放送エリアにあたる場所での工事でした。 このように複数の電波塔からの電波を受けられる場所もあるのですが、その場合、どこでも好きなところを選べると言うことでもなく、放送エリアの中であってもうまく受信できないものがあります。 今回はどちらの電波を受けるのがいいか、という選択において、以下の点を考慮して決定しています。 電波の受信感度 それぞれの電波を受ける際に設置する場所の都合...

鎌倉市で小型フラットアンテナの横向き設置事例

こんにちは。 鎌倉市での施工事例は以前もいくつか紹介しておりますが、今回は大船中継局からの電波を小型フラットアンテナ(デザインアンテナ)で受信した事例の紹介です。 大船中継局は東京スカイツリーと違って、電波の特性が90度傾いています。 昔からある八木式のアンテナでも、地方によっては傾いて設置されている場合がありますが、大船中継局も同様です。 フラットアンテナでも同様に90度傾けて設置しなくてはいけないのですが、今一般的となっているUAH810やU2SWL20ではこの横向き設置に対応しておりません。...

Pin It on Pinterest