ケーブルテレビからアンテナに切り替えるタイミングはいつがいいですか

ケーブルテレビ【CATV】(J:COMやACNなど)からアンテナに切り替えるタイミングはいつがいいのでしょうか? CATVでテレビの視聴サービスのみを契約している場合 基本的にはCATVの撤去前のお好きなタイミングで大丈夫です。 ただし、CATVの契約内容によっては、解約のタイミングにより違約金が発生する場合がありますので、事前にCATVに確認を取った方がいいでしょう。 なお、CATVの撤去後の工事となると、一時的にテレビの視聴が出来なくなるため、撤去前の工事をお勧めしています。...

ある日突然自宅のケーブルが撤去されてテレビが映らなくなりました

電波障害などで、ケーブルテレビを無償提供されていた場合や、地域の共同アンテナを使用していた場合に起こることがあります。 電波障害の場合は、何かしらの電波障害が起き(ビルや高圧線、JRなど)、その電波障害補償のため無料で有線テレビがつながっていることがあります、 それが、地デジ化などのタイミングで管理がJ:COMやJCNなどのケーブルテレビ会社に移り、その後、スカイツリーからの電波発信などのタイミングで、電波障害は十分に改善されたという判断に基づき、今回撤去になったのだと思います。...

練馬区でケーブルテレビからアンテナへ切り替え工事(屋根裏設置)

こんにちは。 先日の地デジ屋根裏設置+BSアンテナ設置事例となります。 ご新築当初からケーブルテレビでの視聴だったものを今回アンテナ工事への切り替えされた事例となります。 工事としては若干特殊な部類となり工事金額は通常よりも高くなっております。...

アンテナケーブルは太くなくてはいけないのか

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 某質問掲示板で「アンテナケーブルはどれを使えばいいでしょう?」と言うような質問があると、決まって「S5C-FBじゃないとだめ」と言う、いわば高性能信仰的な答えをよく目にします。 ですが、実際には細いケーブルもよく売られており、見える場所に配線しなくてはいけない場合など、極力細く目立たないケーブルで配線したいと思うのが一般的でしょう。 では本当に、細いケーブルは使うべきではないのか、クラウンクラウンが独自に検証してみました。 内容 今回の検証で使用したのは以下の4種類のケーブルです。...

北本市でケーブルテレビからフラットアンテナへ

こんにちは。松本です。 今回は埼玉県北本市で、ケーブルテレビからフラットアンテナへ切り替えを行った例を紹介します。 もともとアナログは電波障害地域で、屋根の上にアンテナがたっていない地域でした。住民の方は各自新規にアンテナを立てるか、現在の有線をそのまま有料のケーブルテレビ契約に切り替えるかの選択をされたエリアです。 ただそのケーブルテレビ会社からの説明もわかりづらく、よくわからないまま契約してしまってあとから料金の請求が来て驚いたという話を耳にしました。...

Pin It on Pinterest