日本では現在衛星放送としてBSとCSをご覧になれます。
BSとCS、名称は似ていますが実はそれぞれBroadcasting Satellites(放送衛星)、Communication Satellites(通信衛星)のことで、もともとは別の目的の衛星のことを指します。
さらに、CSは110度CS、124度/128度CSと二つのサービスがあります。
これは衛星軌道が、それぞれ東経110度、124度、128度にある衛星のことです。

また、BSも東経110度にあるため、現在では一つのアンテナでBSと110度CS放送を受信でき、今ではBSアンテナはBS/110度CSアンテナなどとも呼ばれます。

なお、この110度CSがスカパー!、124度CSと128度CSを合わせてスカパー!プレミアムの電波を発信している衛星となります。

スカパー!プレミアムの受信について

スカパー!プレミアムは、現在一つのアンテナで受信する方法が主流となっています。
ですが、二つの衛星のどちらの番組を受信するのか、その都度切り替えが必要になります。
その切り替えを行うがCSアンテナの先端についているコンバーターなのですが、この切り替えは電圧によって制御されています。
そのため、一般的なスカパー!プレミアムの受信環境では分配しての受信ができず、アンテナからテレビ(もしくはSTB)まで直接アンテナケーブルを配線しなくてはいけません。

現在はBS/110度CS/124度CS/128度CSすべてを受信できるマルチ衛星アンテナが開発されており、主にスカパー!プレミアムを契約される方向けとして流通しております。
110度から128度までを一つの反射板で受けるため、先端のコンバーターは二つが組み合わさったような変わった形になっています。
また、それぞれから配線されるようになっており、スカパー!プレミアムに関しては最初から2本配線できるようになっています。

ご新築でスカパー!プレミアムを視聴したい場合、アンテナ配線を南~西方面に配線し、リビングなど視聴したい場所まで直接つなげておくと、綺麗に工事を行うことができます。

衛星放送については、こちらのウェブサイトも参考になります。
CS/BSってなに?(衛星放送協会)
スカパー

Pin It on Pinterest