屋根の形状や太陽光発電システムの取り付け方によっては、従来通り屋根の上に設置することも可能です。
しかしながらアンテナや支線(アンテナを支えるワイヤー)の影が発電パネルにかかるのは好ましくありません。
またアンテナにとまった鳥のフンの被害なども心配なところです。
その場合にはサイドベース(突き出し金具)を使ってアンテナマストを壁に取り付ける工事や、フラットアンテナを直接壁面に取り付ける工事、もしくは屋根裏の中に設置してしまうというのはいかがでしょうか? 色々な施工方法から建物に最適な工事を提案させていただきます。 まずはお気軽にご相談ください。

Pin It on Pinterest