東京スカイツリーの電波を受ける地域の場合、テレ玉は別の「平野原中継局」からの電波を受信する必要があります。
平野原中継局はさいたま市桜区道場5-3-15にあるため、埼玉県南東部では東京スカイツリーに向けたアンテナ一つでは同時受信が難しい場合があります。

昔はよく東京タワーに向けてVHFのアンテナ、テレ玉用にUHFのアンテナを立てていた家庭が多かったと思います。
主要チャンネルが地デジに変わりUHFを使用するようになり、東京スカイツリーに変わりましたので、基本的には東京スカイツリーとテレ玉それぞれに向けたUHFアンテナ(地デジアンテナ)工事が必要になります。

ただし、アンテナの方向が違っていても電波を受信してしまうこともあるため、最近の事例で言うと一つのアンテナでローカルチャンネルも同時受信してしまっている場合があります。

屋根上の八木式アンテナであれば一つだけでも受信できてしまう可能性があります。
※八木式アンテナは、順番に前、後ろ、横の順番で電波を受信します。

フラットアンテナの場合でも後ろからの電波は受けるのですが、フラットアンテナの後ろは通常「壁」ですのでそこでかなり電波が遮られてしまいます。
フラットアンテナの場合は二つのアンテナを設置することを前提にお考えください。

なお、全方向型(無指向性)アンテナと言うものもございます。
こちらはやや正面の受信感度が強いものの、基本的には360度から電波を拾えるものです。
ただし、その分基本受信感度はUAH810、UAH201など「八木式20素子相当」のアンテナより劣ります。
また、こちらのアンテナは生産が終了しているもので、当社在庫のみとなります。
http://www.hitachi-kokusai.co.jp/hys/products/tv_home/duca/

なお、屋外の設置の際にサイドベースなど固定用金具を別途用意する必要があるため、その分が追加費用となります。

アンテナを二つ付けた場合、無指向性アンテナをつけた場合、八木式アンテナを増設した場合、それぞれの工事料金概算です。
※どちらの組み合わせでも必ずテレ玉とその他キー局がバランスよくきちんと受信できる保証はありません。

追加費用はおおよそ以下のようになります。

フラットアンテナを追加する場合
フラットアンテナ追加工事 22000円
地デジ混合器設置 10000円

無指向性アンテナを設置する場合
フラットアンテナから無指向性アンテナへの変更工事 0円
取付金具設置 3000円

八木式アンテナに八木式アンテナを追加する場合
八木式アンテナ追加工事 16000円
地デジ混合器設置 10000円

Pin It on Pinterest