ケーブルテレビ【CATV】(J:COMやACNなど)からアンテナに切り替えるタイミングはいつがいいのでしょうか?
  1. CATVでテレビの視聴サービスのみを契約している場合
  2. 基本的にはCATVの撤去前のお好きなタイミングで大丈夫です。
    ただし、CATVの契約内容によっては、解約のタイミングにより違約金が発生する場合がありますので、事前にCATVに確認を取った方がいいでしょう。
    なお、CATVの撤去後の工事となると、一時的にテレビの視聴が出来なくなるため、撤去前の工事をお勧めしています。

  3. CATVでインターネットや電話のサービスも契約している場合
    • 全てのサービスを解約する場合
    • アンテナ工事を行った時点で、基本的にはCATVのサービスが全て切断されてしまいます。
      そのため、まずはインターネットや電話の切り替え工事を行い、その後アンテナ工事、最終的にCATVの撤去工事、という順番が望ましいでしょう。
      なお、工事の順番は上記の通りですが、事前にそれぞれの申し込みなどの手配が必要になりますので、ある程度日程に余裕を持って手配を行うのがいいでしょう。
    • 一部のサービスのみ継続利用する場合
    • アンテナの引込線が一本だけの場合(※通常はこうなります)、あらかじめCATVにテレビ以外のサービスを利用するための配線工事を行っていただきます。
      そうすることで、アンテナ工事を行ったときもその他のサービスが途切れなくご利用いただけます。
      ただし、CATVの営業所等によっては、先にアンテナの設置のみを行い、最終的な配線接続はCATVでやります、という場合もあります。
      この場合は最初に当社がアンテナやブースターの設置のみ行い、後日CATVが配線の切り替え工事を行うことになります。
      なお、設置するアンテナが地デジのみでも、この場合はCATVのブースターをアンテナ用には使いまわすことができません。

Pin It on Pinterest