重畳電流(ちょうじょうでんりゅう)とは

重畳電流(ちょうじょうでんりゅう) アンテナケーブルなどに機器を動作させるための電流を同時に流す(重畳する)ことです。 アンテナ用のブースター動作電流をブースター電源ユニットからブースター本体まで届けたり、インターホンやリモコンを動作させるためにケーブルに重畳します。 他にPoE(Power over Ethernet)と言って、LANケーブルに電源を重畳し、防犯カメラなどを電源ケーブルレスで接続したりと言った用途でも使われています。...

フラットアンテナとは

フラットアンテナ 当社では、地上デジタル放送受信用のアンテナでデザインアンテナと呼ばれるもののうち、形状が板状になっているもののこと。 各メーカーごとにそれぞれ呼称がありますが、当社では独自にそれらをまとめてこう呼んでいます。 UAH810シリーズやU2SWL20シリーズを標準型(八木式アンテナ換算20素子タイプ)と呼び、UAH900やU2SWL26等を大型タイプ、UAH500やU2SWLC3を小型タイプ(フラットミニ)と呼んでいます。...

Pin It on Pinterest