江戸川区のハウセットで地デジアンテナ工事とBSアンテナ工事

今回は江戸川区での施工となりました。 直接東京スカイツリーは見えないものの、いくつかの建物に隠れているだけで、距離としては十分目視できる場所でした。 建物は2階建てで、2階の道路側の壁面にはCATV接続用のアンテナ配線がしてアリ、屋上には八木式アンテナを設置した場合の配線、更には光ケーブルでつなげた場合の配線までしてありました。 アンテナ工事をする立場からしても、お住まいになる方の立場から考えても非常に親切な配線ですね。...

我孫子市の飯田産業で新型フラットアンテナとBSアンテナ工事

我孫子市で新型フラットアンテナUAH201とBSアンテナ工事のセット事例です。 引込線とアンテナ設置方向が真逆でしたが、雨どいの上に配線を行い見た目も綺麗に仕上げてあります。 飯田産業の物件でした。 今回は寄棟の屋根ではありませんが、引込線からアンテナ設置位置まで雨どいが連続していたため、綺麗に配線することができました。 この場合、屋根の上からの作業になりますが、3階建てだったり、急勾配の場合は別途作業料金が必要になります。...

藤沢市にてスカイツリーからの電波受信

こんにちは。 今回の地デジアンテナ+BSアンテナ工事は藤沢市でしたが、東京スカイツリーと平塚中継局の両方の放送エリアにあたる場所での工事でした。 このように複数の電波塔からの電波を受けられる場所もあるのですが、その場合、どこでも好きなところを選べると言うことでもなく、放送エリアの中であってもうまく受信できないものがあります。 今回はどちらの電波を受けるのがいいか、という選択において、以下の点を考慮して決定しています。 電波の受信感度 それぞれの電波を受ける際に設置する場所の都合...

東村山市で屋根裏(天井裏)にフラットアンテナを設置しました

当社の施工実績の中でも、比較的屋根裏施工の多い一建設(はじめけんせつ)の建物事例です。 今回は東村山市での施工事例となります。 フラットアンテナ(デザインアンテナ)を屋根裏に設置しています。 一建設では、多くの場合天井裏をアンテナ線が通っているため(※すべてかどうかはわかりません)屋根裏で電波さえ受信できれば、特殊な工事をしなくても屋根裏受信(結線)が可能となります。 天井裏を通っているアンテナ線(大元の引込線)を途中で切断し、アンテナに接続します。 この時、電波の状況によりブースターの設置位置も検討します。...

豊島区で地デジフラットアンテナミニの取付

豊島区で小型の地デジフラットアンテナを取り付けた事例です。 元々黒いアンテナ線が引き込まれていましたが、バランスを考えて見えるところは薄灰色(実質白と言われるケーブル)のケーブルになるように工夫しています。 また、アンテナ線の引込位置、電波の受信方向、建物の形状、電波の受信感度などをトータルで考えマスプロ電工のスカイウォーリーミニ(U2SWLC3)を90度角度をつけて設置しています。...

船橋市にて天井裏に地デジフラットアンテナ工事

船橋市での工事でしたが、今回は天井裏への地デジアンテナ設置工事でした。 天井裏設置の非常に多いポラス(POLUS)【※当社施工実績より】でしたので、工事自体はとてもスムースに行えたのではないでしょうか。 また、天井裏設置の場合は設置の自由度が高く、コンパクトで、なおかつ電波の受信確度が広いフラットアンテナ(デザインアンテナ)を使用するのがお勧めです。 ベランダなどで電波を測定し、特に問題がなければほとんどの場合で天井裏でも問題なく電波が受信できます。 また、多くの事例でベランダよりも天井裏の方がいい電波を受信できています。...

Pin It on Pinterest