練馬区でのテレビの壁掛け工事事例となります。
今回は補強のある壁への取り付けとなりました。
SONYのブラビアシリーズ、KJ-40W730Cを当社推奨の金具ブランドSANUSのVLT5(ティルティング)で取り付けした事例となります。

VLT5でのティルティング設置

今回は金具とテレビの寸法がぴったりでした。
もう少しテレビが小さかったり、背面の固定ボルト穴の位置が違っていれば、金具が正面から見てはみ出してしまっていたかもしれません。
なお、今回は金具の付属ボルトではすっきりつけられなかったため、M6、15mmのボルトを別途用意しております。
このように当社でご購入いただいた金具の場合は、別途固定用ボルトを用意するのも無料で行っております。
お客さま支給の金具を使用し、ぴったり合う長さのボルトが同梱されていない場合、別料金にてご用意させていただくこととなりますのでご了承ください。

SONYのBRAVIAシリーズですが、このテレビよりも小さくなるとティルティングの金具はSANUSの製品では綺麗に取り付けるのが難しくなります。
思い切ってフルモーションの場合など、壁の状況によってはSANUSの金具を使用可能です。
設置場所には補強が入っており、必要なケーブルも壁の中を通して仕上げていただいておりました。
とてもスムーズに終了した工事です。

テレビ壁掛け工事料金表詳細

当社ではテレビ壁掛け工事料金表を公開しております。
わかりづらい場合はお気軽にお問い合わせください。

詳細料金表はこちら

お問い合わせ 0800-080-9696

お問い合わせはお電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽に。
フォームからは画像もお送りいただくことが可能です。
細かいご要望にも丁寧に対応させていただきます。
上記フリーコールがつながらないエリア・時間帯は048-757-4535、もしくは下のボタンよりお問い合わせフォームにてご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

Pin It on Pinterest