地デジアンテナも今ではかなりデザインアンテナ(主にフラットアンテナ)が知られるようになり、新築物件では多く取り入れられるようになってきたように思います。
それでも現地調査なしに「この地域では取り付けができません、と断られたので屋根の上にアンテナを立てました」なんて声を聴くこともあります。
同様に、2014年に発売された小型のフラットアンテナも、スタンダードの20素子タイプと比べて性能が弱いため「ごく一部の限られたエリア以外では施工不可」などと決めつけられて、調査さえも行ってもらえないというケースもあるかと思います。
もちろん、お困りの場合は弊社にご依頼いただければいいのですが、エリア外であったり他の様々な理由で他の選択肢を考えられた場合の方のためにも、弊社での測定データを一般公開いたします。アンテナ選定の手助けになれば幸いです。

まず結論から書くと、小型のフラットアンテナもかなりいい数値で受信できており、強電界地域でなくとも十分使用に耐えうる可能性が高いです。
いつも通り、さいたま市岩槻区にある弊社の屋根の上(東京スカイツリーからほぼちょうど30㎞)にて測定したデータです。
スカイツリーからの電波のうち、民放キー局とNHKを併せた7つの放送では、平均受信レベルは僅差でUAH810が最高値を出しました。
続けてU2SWL20、UAH500、U2SWLC3という順番ですが、上位2機種、下位2機種はそれぞれ誤差の範囲内程度の差です。
最高性能を出したUAH810

最高性能を出したUAH810

マスプロ電工のU2SWL20

マスプロ電工のU2SWL20

DXアンテナのUAH500

DXアンテナのUAH500

マスプロ電工のU2SWLC3

マスプロ電工のU2SWLC3



以下測定データ
チャンネル UAH810 U2SWL20 UAH500 U2SWLC3
ch 放送局名 レベル MER BER レベル MER BER レベル MER BER レベル MER BER
16 TOKYO MX 39.9 28.1 0 40.4 26.9 0 37.9 26.1 0 35.6 24.8 0
21 フジテレビ 69.1 >30 0 69.3 >30 0 65.3 >30 0 63.4 >30 0
22 TBS 68.2 >30 0 68 >30 0 63.2 >30 0 61.9 >30 0
23 テレビ東京 63.9 >30 0 63.3 >30 0 60.6 >30 0 59.7 >30 0
24 テレビ朝日 66.4 >30 0 66.3 >30 0 62.2 >30 0 61.9 >30 0
25 日本テレビ 66.7 >30 0 66.6 >30 0 62.3 >30 0 61.3 >30 0
26 ETV 67.4 >30 0 66.6 >30 0 62.9 >30 0 61.2 >30 0
27 NHK総合 66.6 >30 0 66.5 >30 0 62.2 >30 0 60.7 >30 0
28 放送大学 48.8 26.4 8.E-07 49.3 26.6 0 45.1 26.1 0 43.5 25.1 2.E-06
30 千葉テレビ 34.5 22.9 0 34.7 22.9 0 31.4 21.9 3.E-07 29.7 20.5 5.E-06
32 テレ玉 48.3 >30 0 50.8 >30 0 46.5 >30 0 46.8 >30 0

設置場所によってはアンテナの性能差が大きく影響する場合もありますが、受信が問題ない場合は小型のフラットアンテナがよりスタイリッシュなのでお勧めです。
UAH500の方がU2SWLC3よりもややいい結果が出ていますが、アンテナのデザインとしてはU2SWLC3の方がよくできているように思います。
弊社お勧めはU2SWLC3です。
小型のフラットアンテナの設置をご希望の方は、お気軽に弊社までご連絡ください。

CROWNCROWN-フリーコールバナー
お問い合わせフォームはこちら

Pin It on Pinterest