足立区などで東京スカイツリーがベランダから直接目視できるような場所は、十分に電波が強く受信できると考えられます。
今回もそのような事例で、しかもアンテナ設置場所のすぐ近くに引込線が出ているという好条件であったため、工事時間も短く、工事料金も安く済ませることができました。

アンテナは濃い色のものを選んでいただいたので、アンテナ配線の色を変えるか迷いましたが、雨どいの色等を考え、そのままで配線しました

アンテナは濃い色のものを選んでいただいたので、アンテナ配線の色を変えるか迷いましたが、雨どいの色等を考え、そのままで配線しました


アンテナ配線の色については前回の記事で触れたばかりですが、今回は白いケーブルをそのまま使うことにしました。
理由としては以下のようなものがあります。
  1. 引込線の位置がベランダ正面ではなく、更に左の壁面で雨どいの向こう側という作業性の悪い場所であった。
  2. アンテナと引き込み市との間にある雨どいが白い色をしていた。
  3. 今回はブースター無しの工事であるため、できるだけ電波のロスを起こさないシンプルな配線で済ませたかった。
なお、アンテナ本体の取付金具(ベース金具)の設置時には、いつも通りビス穴に入り込む防水処理を行っています。
このように凹凸のある壁の場合は、ビス(もしくは金具)の上からコーキングを縫っても、金具の上部の隙間から水は入ってくる可能性が高いです

このように凹凸のある壁の場合は、ビス(もしくは金具)の上からコーキングを縫っても、金具の上部の隙間から水は入ってくる可能性が高いです

今回は全体の工事から考えるとレアケースですが、足立区近辺で東京スカイツリーが直接目視できる場所であれば、同様にブースター無しで問題なくフラットアンテナ(デザインアンテナ)で受信できる可能性が高いです。
なお、工事の際には梯子作業等が必要になる場合も多いです。

今回のアンテナ工事料金

地デジフラットアンテナ
23760
  1. 地デジフラットアンテナ(UAH810B) ¥22000
  2. 消費税(8%) ¥1760
※2014年8月現在の工事価格・消費税率
お問い合わせフォーム
ハウスメーカーはアサカワホームでした。

Pin It on Pinterest