新宿区にて、SONYの55インチ4Kテレビ、KD-55X9200Aを2段アームのフルモーション金具で設置してまいりました。
コンクリート部分に「あと施工アンカー」で設置しています。

フルモーション金具VLF525設置
アンカーは金具のカバーで隠れる長さにカットして施工しています

アンカーは金具のカバーで隠れる長さにカットして施工しています

2段階のアームで、動きの自由度が高い金具です。

2段階のアームで、動きの自由度が高い金具です。

アンテナ配線等をしていない状態ですが、多少の配線はアームの中に収納できるようになっています。

アンテナ配線等をしていない状態ですが、多少の配線はアームの中に収納できるようになっています。

アームが結構長いので、テレビの電源ケーブルが壁まで届いていません。
見栄えを考えると、延長ケーブルをテレビの後ろまで延ばすことを考えた方がいいかもしれません。
この金具は最終的にアンカー部分をカバーで隠せるので、とてもきれいに仕上がります。

工事前にお客様とは金具のデザインや動きなどについていろいろと相談させていただき、最終的にはこの金具に落ち着きました。
大きく重さのあるテレビを壁にかけるだけでなく、アームのついているフルモーションタイプということもありましたので、十分に耐力のある金具で、しっかりとした取り付けでの工事をさせていただきました。
実は当社にご依頼をいただく前に、テレビを購入した家電量販店さんで工事を検討されていましたが、現地見積りののち断られてしまったようです。

確かに、今回の工事は見た目よりも難易度は高いほうかもしれないですね。

Pin It on Pinterest