こんにちは。クラウンクラウンの松本です。
今回はブースター内蔵地デジフラットアンテナ(デザインアンテナ)の屋根裏(天井裏設置)と、黒いBSアンテナの設置事例の紹介です。
埼玉県越谷市は比較的電波のいい場所が多く、地デジとBSアンテナの同時工事の場合は、地デジブースターおよびBS混合器内蔵のフラットアンテナを使用するとすっきりと、また工事価格を抑えた工事が可能です。
s-P1130113

屋根裏からの新規配線で、屋外の配線もすっきりしています


屋根裏にあらかじめアンテナ配線があると、屋根裏内へのアンテナ設置が簡単です

屋根裏にあらかじめアンテナ配線があると、屋根裏内へのアンテナ設置が簡単です


今回の物件では、屋根裏に分配器と100Vコンセントが設置されていたため、地デジアンテナの設置に関してはいい条件となっていました。
通常は外壁から出ているアンテナ配線にアンテナ本体をつなげるのですが、配線の引き込み場所によっては配線が目立ってしまう場合があります。
今回は特にそういった事情もあり、屋根裏にアンテナを設置できたことのメリットは大きかったと思います。
BSアンテナも同様に屋外の配線を使用せず、屋根裏から新規配線を引き出しすっきりと仕上げています。
アンテナ線を引き出した穴は小さいものですが、シリコンコーキングにて防水処理を施しています

アンテナ線を引き出した穴は小さいものですが、シリコンコーキングにて防水処理を施しています

今回はブースターを使用していませんが、地デジアンテナ自体に地デジブースターが内蔵されているため、電源ユニットを別途設置しています。
電源ユニットはコンセントのある屋根裏に設置しています。
左が電源ユニット、右はあらかじめ設置されていた4分配器です

左が電源ユニット、右はあらかじめ設置されていた4分配器です


今回の工事ポイント

  • 地デジの電波が十分いい受信状況だった※強すぎてもいけない
  • 屋根裏にアンテナ線が通っていた
  • 屋根裏に分配器とコンセントがあった(ブースター電源設置場所が屋根裏となる)
  • 上記の理由で、屋根裏作業料金の差額が小さかった
    1. 点検口内作業(半身)のみだと3000円に対し
    2. 浴室点検口内作業(半身)+屋根裏作業(全身)だと11000円
    3. 屋根裏作業(半身・全身)だと8000円(差額5000円)
  • BSアンテナの設置に適した場所の壁面が黒であったため、黒いBSアンテナを選択
  • 外部のアンテナ引込線の位置からアンテナ設置位置までが遠く、普通に配線をすると配線が目立ってしまうため、屋根裏から新規配線
  • 屋根裏でもベランダ壁面でも地デジの電波受信感度の差がなく、配線の関係から工事料金が変わらなかったため地デジは屋根裏設置
  • 設置された分配器が4分配だったため、BSブースターを不使用

今回のアンテナ工事料金

ブースター内蔵地デジフラットアンテナ+黒色BSアンテナ工事
77112
  1. ブースター内蔵地デジフラットアンテナ(U2SWL20B) ¥35000
  2. 黒色BS/110度CSアンテナ(CCCBS45SET-K) ¥9400
  3. BSアンテナ壁面取り付け工事 ¥13000
  4. 屋根裏作業(全身) ¥8000
  5. 配線用穴あけ工事 ¥2000
  6. 新規天井裏通線 ¥4000
  7. 消費税(8%) ¥5712
※2014年5月現在の工事価格・消費税率
お問い合わせフォーム

Pin It on Pinterest