こんばんは。松本です。
東京都品川区で行ったフリースタイルアクオスの設置事例をご紹介したいと思います。
今回はモール仕上げとなっておりまして、お客様にも大変ご満足いただけた事例です。
施工の順を追って紹介させていただきます。
 
まず壁の素材などを確認します。
今回は壁紙の下がすぐコンクリート壁で、取り付けるのがフリースタイルアクオスということで、コンクリート用ビス型アンカーを使用しました。
どういった固定の仕方を確認したうえで、テレビの取付位置を決めていきます。
可能であれば、実際にテレビを持ち上げ、ご視聴位置から首が疲れたりしないで視聴できるか、照明の映り込みなどはないかを確認します。
その後仮に設置位置を大まかにマークして、再度詳細に設置位置を絞り込んでいきます。
その際にはレーザー墨出器などを用いることによって、水平ラインと、基準がある場合の垂直方向場所合わせなどが正確に行えます。
場所が決定したら早速金具を取り付けます。この金具の位置ももちろんテレビをどうやって支持するのか、どの位置になるのかをきちんと測定しなくてはいけません。
テレビの壁掛け金具の水平を確認する 今回はフリースタイルアクオスでしたので、付属の部品(非金属)で設置します。もちろん他のテレビ同様SANUSなどの壁掛け金具も利用できます。
ですが、ティルティングやフルモーションと言ったように、角度の調整が必要な場合を除き、付属部品で壁掛けにするのがベストだと思います。もちろんコストも節約できますしね。
壁掛け金具が水平に取り付けられているかどうかはとても重要です。ですから、仮固定をしながら何度も水平を確認しつつ作業を進めていきます。
水平の時に音で知らせてくれる電子水平器などがあるととても作業が楽になりますね。
このフリースタイルアクオスは上下2箇所に壁掛け用の部品を取り付けます。強度的には上のバーだけでも十分ですが、テレビの下の方が浮いてしまわないようにするために付属しているのでしょう。実際下の部品は上下方向の力を受ける仕組みにはなっていません。
予定通りの場所にテレビの壁掛け きちんと寸法どりができていれば、予定していた高さにきっちとテレビが取り付けられます。
それにしてもフリースタイルアクオスはまさに壁掛けを想定しているだけあり、本体最下部あたりは壁との隙間がほぼ0となっています。
ただし、フリースタイルアクオスと言えども、モニター(ディスプレイ)部分ももちろん電源が必要です。
つまりこういうことです。
フリースタイルアクオス壁掛け時の電源ケーブル もちろんテレビの背面に穴をあけて、壁の中を通すなんてこともできたりするのですが、今回は壁がコンクリート(中空部分無し)ということで、表に出すしかありません。
ただし、電源ケーブルは白くて細いので、配線の仕方によってはかなり目立たないように施工できると思います。
今回も最初はそのように考えていたのですが、実はこのフリースタイルアクオスはHDMIやLANケーブル、光音声出力などがモニター側にあるのです。
ということで、それらをつなぐ予定であったため、いくつかのケーブルが収まる配線モールを使用することになりました。
フリースタイルアクオス壁掛け仕上りイメージ 今回は申し訳ないことに配線モールの部品の一部の持ち合わせがなかったため、後日郵送と言うことでご了承いただきましたが、写真のようにモールの終端や曲り部分には専用のカバー(ジョイント)があります。
もちろん必須ではないので、見栄えを良くするために使うだけです。
 
モールの終端をつけてしまっては、ケーブル類はどこから入れるの?となるわけですが、実はここにちょっとしたテクニックを使っています。
正直言って同業他社さんにはあまり知られたくないのですが・・・(笑)、実は単純ですが効果的な方法です。
配線モールのマル秘テクニック このようにモールの一部に切欠きを作るのです。
こうすることによって、上に開けられたスリット上の隙間からケーブルを呼び込みます。
先ほどの完成写真ではこのスリットからモールの中に電源ケーブルが引き込まれています。
最終的にはHDMIケーブルや光音声ケーブル、場合によってはLANケーブルなどが通されるため少し太めのモールを使用しています。
 
フリースタイルアクオスは、テレビの壁掛けをさらに広めていこうというsharpの心意気が顕著に表れた製品で、本当に素晴らしいデザインだと思います。
クラウンクラウンではそんなフリースタイルアクオスに関しては、工事料金がお得になっています。
テレビの壁掛け工事料金は、テレビの大きさ、使用する金具のタイプの2点で基本料金を計算するのですが、この「大きさ」の料金が2ランク下のものとして計算されます。
ですから今回は32インチのテレビだったのですが、21インチ以下のテレビと同じ料金となっています。
フリースタイルアクオスを買ったのにまだ壁掛けにされていない方や、これから買ってみようと思っている方は是非お気軽にご相談ください。
フリースタイルアクオスは壁掛け工事料金がお得です

Pin It on Pinterest