こんにちは。
松本です。
 
最近お客様から寄せらたご相談にこんなものがありました。
 
「突然テレビが映らなくなったので、アンテナを立てていただけますか?」
 

通常は、突然映らなくなった場合は点検のご依頼となるのですが、どうやらアンテナを立ててほしいとのこと。
よくお話を伺ってみるとこんな内容でした。
 
今まで電波障害地域で、無償の共同アンテナ(電障ケーブル)がひかれていて、○月○日にサービスが終了しますという案内が以前投函されていたと言うことだそうです。
その期限の翌日テレビを点けたら地デジが映らなくなっていたので、外を見てみると今まで電柱からつながっていたアンテナ線が綺麗に撤去されていたということです。
特に挨拶もなしに撤去されていたので、テレビを点けて見るまで気が付かなかったそうです。
 
既にテレビが見られていない状態なので、急ぎのご依頼ということでしたので、お互いスケジュールの調整を行って迅速に対応させていただきました。今回は江戸川区東小岩という場所だったのですが、行ってみるとアンテナ工事の車がたくさんいて、どうやら同じような状況の方が大勢いらっしゃったようです。
そもそもアナログ受信で影響があったために無償で供給しますよ、といったものだったのであれば、調査の結果地デジに影響はないということであればやはり有料化、もしくは撤去ということになってしまうのでしょう。供給元の負担もかなりの金額になるはずですから、負担する必要が無いという判断が下りれば早期になにかしらの対策が行われるでしょう。
 
同様に近々無償のケーブルが有償化される、もしくは撤去されるという方は、放っておくとこのようにいきなり撤去されてしまうこともあるでしょうから、早目のご対策をお勧めいたします。
今さら屋根の上にアンテナを建てたくないという方も、弊社がお勧めするフラットアンテナで受信できれば、壁面にスッキリとアンテナを取り付けることができます。
現在使っているブースターがそのまま利用できれば、フラットアンテナの標準工事は総額28,000円で行うことができます。
屋根上のアンテナであれば標準的な20素子のアンテナで総額23,000円となっております。
 
是非お気軽にお電話、もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Pin It on Pinterest