こんにちは。松本です。
今回はマスプロスカイウォーリーの20素子フラットアンテナブースター内蔵タイプ[U2SWL20B]とDXアンテナ20素子フラットアンテナブースター内蔵タイプ[UAD1800]の性能比較を行いたいと思います。
前回[U2SWL20]と[UAH800]の比較検証を行った場所とは少し違うので、前回のデータと比較される場合は注意が必要です。
 

 

測定場所データ 埼玉県さいたま市岩槻区岩槻 社屋 2階窓内側(地上高約4.5m) 東京タワー方面に向けて計測 東京タワーからの距離 約34.5㎞

 

U2SWL20B(マスプロ電工・ブースター内蔵スカイウォーリー)

 20ch21ch22ch23ch24ch25ch26ch27ch28ch30ch32ch
利得38.764.161.562.962.664.967.566.559.243.554.1
MER****26.622.622.425.029.226.627.023.2****18.8
BER****02E-41E-49E-606E-604E-6****2E-3

 

UAH800(DXアンテナ)

 20ch21ch22ch23ch24ch25ch26ch27ch28ch30ch32ch
利得38.363.659.560.160.762.365.064.956.239.453.5
MER****25.221.122.124.429.027.027.423.410.019.1
BER****02E-31E-42E-60002E-6****5E-4

 

東京タワーからの実チャンネルと放送局対応表

 20ch21ch22ch23ch24ch25ch26ch27ch28ch
放送局MXテレビフジテレビTBSテレビ東京テレビ朝日日本テレビNHK EテレNHK 総合放送大学

テレ玉および千葉テレビ

 30ch32ch
放送局千葉テレビテレ玉

 
※数値の良かった方はピンク色にしてあります。
以上のような結果が出ましたが、環境によりどちらのアンテナが性能よく電波を受信できるかは異なってくると思います。
また前回の[U2SWL20]と[UAH800]の測定場所よりも電波の受かりが悪い場所での測定といたしました。
表記上BERが同じ値でも実際の測定値に差があったチャンネルは実際の測定データに基づいて上位判定を行っています。
 
やはり内蔵ブースターがDXアンテナのものよりマスプロ電工の方がいいものを使っているとスペック表からは読み取れたので、それがそのまま反映されたような結果となっています。
全体的に最良の数値とは言えませんが、単独配線で視聴する分には充分です。
しかしこの数値で建物全体をカバーしようとすると少し心許ないと言えるでしょう。
アンテナ直下で測った数値電波利得は実際には分配器で落ち、アンテナの挿し込み口でさらに落ち、またそれぞれをつなぐアンテナ線で落ちます。
建物にもよりますが、今までのデータによるとその数値は25~40程度の損失となります。(※古く細い配線の場合にはこれ以上の損失が見られる場合もあります。)
仮に仮に25の損失だったとしても、今回のデータの場合TBSなどは36.5となり、多くのテレビでは正常に映らない可能性が高くなります。またそこまで利得が下がると電波の質を表すMERやBERも急に悪い数値となります。
今回は同じ建物でも比較的状況の悪い測定をしたので、電波状況のいい建物であり、比較的新しい物件(壁内配線がS5CFVなど今の規格のものを使っている)であり、分配数が少ない(観ているテレビの数ではなく、分配数。アンテナの挿し込み口の数が少ない)場合などは良いかもしれません。
 
ただし一番のおすすめは弊社のアンテナ無料見積もりにてどのアンテナが使用できるのかを確認されることです。

※基本的に工事をご希望していることが前提です。また遠方の場合は遠方料金等が発生する場合がございます。 詳しくはお気軽にお問い合わせください。
アンテナ無料見積もりお問い合わせフォーム
 
アンテナ単体のご購入は下記からも行えます。

Pin It on Pinterest