U2SWL20側面写真
こんにちは。松本です。
今日はデザインアンテナや壁面取付用アンテナと呼ばれることの多い、マスプロ電工のスカイウォーリーの新製品を紹介します。
今現在発売されているスカイウォーリーは八木式アンテナに換算すると、14素子相当と24素子相当の2機種が発売されていました。そこに今回は20素子相当の機種が新登場です。さらにブースター内蔵型も同時発売となります。

今回はかなりデザインに特徴があります。

本体アンテナ部(コネクター部,金具固定部を除く)の薄さは, 58mmと業界No.1の薄型形状を実現しました。また,20素子相当の 壁面取付用UHFアンテナで,最軽量(約2.3kg / U2SWL20 )の コンパクトモデルですから,持運びやすく作業性に優れています。とのことです。

U2SWL20 U2SWL20B

丸みがなくなった代わりに薄型化、コンパクト化を実現

気になる実際の寸法ですが、他のアンテナと比べると以下のようになります。

マスプロ電工DXアンテナ
型番U2SWLU2SWL24U2SWL20UAH800
性能14素子相当24素子相当20素子相当20素子相当
高さ665740620526
210345230303
奥行き190260118118

こう並べてみると、以前の14素子タイプよりも高さが短くなり、若干幅は広がるものの、かなりの薄型化に成功したようです。ただし、金具の形状にも起因するのでしょうが、壁面と平行に設置したときには現行のDXアンテナ製フラットアンテナUAH800と突き出し幅(奥行き)は変わりません。
また個人的には今まで性能のDXアンテナ、デザインのマスプロ電工と考えていたのですが(フラットアンテナに関して)、正直言って今回のデザインはあまり好きではありません。表面のカーブも薄型化のせいかほぼフラットに近くなっているように見えます。
どちらにしても早く現物を目にしたいものです。

一つ注目しているのは、ブースター内蔵型のU2SWL20Bの性能です。
これまでマスプロはブースター内蔵型フラットアンテナを出していなかったのですが、フラットアンテナに取り付けやすい小型ブースターは出していました。またDXアンテナはブースター内蔵型を既に発売しています。しかしそのブースターの能力は前者が16~20dB、後者が約20dBとなっていました。
それが今回内蔵されているブースターの能力はそれらを超えるものとなっているようです。
アンテナ単体では分配後の電波の劣化に耐えられなくとも、内蔵型を使うことで新たに外部にブースターをつけなくても済む例がまた少し増えるだろうと考えます。

気になる工事費用ですが、現在のところ未定です。
ただし単体販売価格はU2SWL20が9,800円、ブースター内蔵のU2SWLBが12,800円を予定しております。
あくまで予定ですので、発売時には変更となる可能性もあります。

なお堂々と他のメーカーのものより高性能です、とうたっていますので、入荷次第例のごとく弊社では実測テストを行いたいと思います。

Pin It on Pinterest