こんにちは。松本です。
先日の記事に続き、鎌倉市で行ったテレビの設置工事例です。

こちらは天吊り工事の施工例となります。
過去に行った天吊り工事は全て店舗でしたので、個人宅での施工例は初となります。

テレビの天吊り工事

26インチテレビの天吊り工事。ぐるっと回すことができます。

こちらは屋上にある一室なのですが、屋外からも観ることができるようにと首振りの角度を大きく取れる金具であるということ、それから高い位置に固定できて邪魔にならない、というのがお客様からいただいたご要望でした。
もちろん天井には十分な補強を施していただきました。
今回使用している金具なのですが、これはSANUS社製のものではありません。SANUS社製のものでは吊り下げのアームが短いもので首振り(スイーベル)角度が充分なものがないためです。
MC1Aという天吊り金具は一部サイトで左右の首振りがそれぞれ50度などと表記されている場合がありますが、それは間違いです。また現在廃版になっているSC1Aでも同様の誤記が多くのショッピングサイトで見受けられます。
そこで今回はまだ正式にショップでは販売を開始していないのですが、SANUSと同様アメリカのとある有名メーカーのものを使用させていただきました。
今年中に弊社の通常ラインナップに追加予定です。
※現在は入荷に時間がかかるため通常ラインナップに加えておりません。

弊社で販売を開始いたしました。今回使用しているブラックバージョン以外に、シルバーバージョンも入荷しております。
 
26インチ天吊りスイーベル1
 

26インチ天吊りスイーベル1

もちろん下に傾けることも可能です


 
26インチ天吊りスイーベル3
26インチ天吊りスイーベル4
 
実はこの金具は360度以上首を回せます。
もちろんケーブルが絡まってしまうのでぐるぐる回すわけにはいきませんが、このデザインでこの性能の金具は現在他にはなかなか見つかりません。※小型モニター用ならいくつかあります。
ちなみにねじを締めることによって首振り角度を固定することもできます。
 
テレビの壁掛け、天吊りなどでお困りの方は、施工、販売を行っている弊社までご連絡を。
テレビの壁掛け・天吊りお問い合わせ
 
他の3台の施工例はこちらです。
55インチ→フルモーション壁掛けLF228)
37インチ→フルモーション壁掛けVMF220)
32インチ→フラット設置VML10)
 
この施工で使用した金具はこちら。

カラーバリエーション(シルバー)

Pin It on Pinterest