川口市UAH800L

アンテナの角度調整がされています

こんにちは。松本です。
今回は川口市での施工例をご紹介します。
壁掛けフラットアンテナの人気色、UAH800Lの設置例です。
ご覧のように壁と平行ではなくて角度をつけて設置していますが、基本はこのように電波塔に向けて設置をします。
ただし取付壁面と平行にしても良好に電波が受信できる場合は別です。

またケーブルを留めている部品ですが、これはサドルと言いまして、このサドルを壁に打ちつけています。
以前お客様からご指摘をいただいたのですが、このビスに対する防水処理です。特にブログなどでは言っていなかったのですが、当然のこととして防水処置をしています。
ビスを打ち込むときにビスと一緒にシリコンの防水材を注入しています。ビスを打った後に頭に大きくシリコンを盛ってもいいのですが、基本的には打ち込むときに同時に防水処理をしています。
以前いただいたご指摘は「そこまできちんとやっているのなら、やっていることをアピールすべきよ」と言ったものでした。弊社では当たり前のことすぎて、わざわざ言うことではなかったのですが、それでお客様の安心感が高まるのであればきちんと公表すべきだと考えました。

 

川口市でのフラットアンテナ工事

外壁にマッチしたライトブラウンのアンテナ

将来的にスカイツリー方面に向けると、今度は壁に平行に調整できるかもしれません。ただし現在もどちらかというと正面に近い方に向いているのでほとんど違和感がないですね。

 

Pin It on Pinterest