こんにちは。松本です。

先日行ったアンテナの撤去工事です。
こちらではケーブルテレビ(CATV)でご視聴されていたため、屋根上のアンテナは長いことお使いになっていなかったようですが、そのアンテナが倒れてしまったので撤去してほしいという依頼がありました。
古くに立てたアンテナのようで、アンテナを支えるワイヤーは被覆鉄線でした。

切れた鉄線
写真で見てもお判りのように、被覆は劣化し剥がれ、むき出しになった鉄線が錆びてしまっています。そしてその一部が断裂し、支えを無くしたアンテナが倒れたのが今回です。
不幸中の幸いと言いますか、倒れたのがご自宅の屋根の上で良かったのですが、これがお隣様の屋根の上であったり、通行人の方の上であったりしたらと考えると恐ろしいですね。
また今回に関しては特に屋根に損傷もなかったため、単純な撤去作業だけで済みました。

現在ビル陰など電波障害地域でケーブルを引かれている方など、屋根の上に古いアンテナが残っていませんか?
これから台風の季節になりますから、劣化したアンテナが台風で倒れてしまう前に撤去してしまいましょう。

Pin It on Pinterest