こんにちは。松本です。

今回は社屋の2階廊下の一部で、従来の蛍光灯からLEDに照明変更した様子をご紹介します。

LEDで節電(蛍光灯からLED管へ)

今回使用したのはアイリスオーヤマ社製のecolux(エコルクス)LDFL2500Nです。メーカー希望小売価格は1本17,000円とまだまだ高いのですが、現在こちらを先払いの場合、35%オフの11,100円で販売しております。(※2011年7月現在)

それでは、蛍光灯2灯分ではありますが、40Wタイプ蛍光灯からの入れ替えの様子をご覧ください。

蛍光灯2色

手前は昼白色、奥が昼光色

アイリスオーヤマ エコルクス

昼白色タイプの2500lmタイプLED



左は従来からの蛍光管です。手前と奥で色を変えてあります。右は40型エコルクスで最高の2500lmタイプのものです。とても明るいのですが、消費電力だけを考えると、それほどお得ではないかもしれません。

色味はかなりさわやかな印象になりました。LED管は明るさが上に広がらないので、天井が暗くなると言われますが、実際に比べてみるとどうでしょう。今回は天井もそれほど高くなく、廊下の幅が狭いため、色々な反射もあると思いますが実際の印象は明るいです。ただし左側は照明直近の天井がかなり明るく照らされていますね。

アイリスオーヤマのエコルクスは直視するとLEDの粒が見えます。とは言えとても明るいので直視するのはお勧めしません。2500lmタイプはあまり気にならない程度ですが、下位機種の2000lmタイプなどはもっとはっきり粒が見えます。ただし明るさはどちらも同じくらいだそうです。

デジカメで撮影していて気になったのは、蛍光管の場合フリッカー(ちらつき)がありました。写真にしてしまえば変わりませんが、動画だとかなりちかちかしてしまいますね。これがLEDでは見られません。インバータータイプの蛍光灯だとまた違って見えます。家電量販店などで、デジカメの展示があれば、デジカメを通してお店の照明などを見てみてください。照明の種類によって見え方が変わりますよ。

近いうちにCCFL管(冷陰極管)へ入れ替えた場合の写真もご紹介します。

CCFL管はまだ一般にはあまり知られていませんが、蛍光灯からの入れ替えに安価で対応できることなどから今かなり注目されています。

ちなみに弊社での蛍光灯からLED管、CCFL管への入れ替え工事は、弊社取扱い商品の場合基本工事料金5,000円+1灯につき2,000円。2灯タイプの逆富士タイプの場合は2灯で3,000円となっております。

例1)1灯タイプ電灯10灯の入れ替え工事費

基本工事5,000円

10灯入れ替え 2,000円 × 10 =20,000円

計25,000円

例2)2灯タイプ電灯10灯(5器具)の入れ替え工事費

基本工事5,000円

5セット入れ替え 3,000円 × 5 =15,000円

計20,000円

※天井高や足場、処分の有無等によって追加費用が発生します。また上記の金額以外に雑材処理費(1,000円)が必要となります。その他遠方料金など基本的な項目は全工事共通です。

エコルクス カタログ:http://www.irisohyama.co.jp/led/houjin/ecolux_houjin01.pdf

アイリスオーヤマ エコルクス紹介ページ:http://www.irisohyama.co.jp/led/houjin/

現在クラウンクラウンではアイリスオーヤマのLED受注は休止中です。

Pin It on Pinterest