こんにちは。松本です。
本日のニュースでソフトバンクの孫正義社長が埼玉県など全国に10か所程度の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を検討しているとのこと。
上田清司埼玉県知事の発表によると、埼玉県はソフトバンクから79億円、自治体から1億円の事業費を捻出し、約2万キロワット以上の発電能力を持つメガソーラーを建設する計画を進めいているそうです。
どのあたりに建設されるのでしょうか。またその形式も従来からよく見かける平地に敷き詰める感じのものになるのでしょうか。
次世代メガソーラーとして、今まで以上に土地の高効率化を実現してほしいものです。

パネルの防汚対策なども考えてほしいものです。
またこういったニュースがあればご紹介していきたいと思います。

参考記事
毎日.jp : 孫社長:埼玉などと連携、全国10カ所に太陽光発電所計画
47NEWS : 太陽光発電所建設を検討 孫社長、全国10カ所程度
YOMIURI ONLINE : 孫氏の太陽光発電計画、関西広域連合が協力検討

Pin It on Pinterest