見えにくいフラットアンテナこんにちは。松本です。
先日の上尾市でのフラットアンテナ、マスプロ製U2SWL24施工例です。

今回は新築のお宅で、陸屋根の上に太陽光パネルが載っていたため、できるだけ太陽光パネルに影響のないアンテナ設置をご希望ということでした。
現在主流の単結晶方や多結晶型のシリコン太陽光発電パネルは、発電効率の高さはあるものの、陰の影響を受けやすいため、やはりアンテナの存在は無視できません。
そこで今回は壁掛けフラットアンテナの設置となったのですが、簡単ではございませんでした。

[地デジ工事・埼玉県上尾市・マスプロ電工・U2SWL24・平面アンテナ・アンテナ施工写真]


U2SWL24当初はTVCMで最近目にするマスプロ製のスカイウォーリーをご希望されていたのですが、通常のスカイウォーリー(U2SWL)では受信が弱く、結局4機種のアンテナ(U2SWL、U2SWL24、UAH800、UAH900)を試した結果、マスプロ製のU2SWL24を設置することになりました。

電波の受信感度で言うと、DXアンテナ製のUAH900でも良かったのですが、取り付け場所の都合を考えた選定となっています。将来的にスカイツリーに向けることもできる位置と、向けたときのアンテナのバランスを考えています。また全体的なアンテナの受信感度、電波の質に問題がないことも大前提です。

屋根の上にある太陽光パネルは、アンテナを中心に立てられるように配置されていて、なおかつアンテナの支線を留める金具まで用意していただいてあったのですが、今回は必要ありませんでした。
CIS系などと言われる太陽光パネルでは、影の影響が全体に及び難いのですが、発電効率に対するコストパフォーマンスなどでまだ普及率がのびていないようです。太陽光パネルも様々あり、各社いい製品を次々と生み出していますので、今後もまだまだ楽しみな分野ですね。

今回のように太陽光発電システムには、壁掛けのフラットアンテナがとても相性がいいです。
太陽光パネルを設置されている方は是非ご相談ください。

Pin It on Pinterest