アンテナの工事受注数の増加、またアンテナ関連材料の値上げに伴い、アンテナ業界全般的に工事料金が値上げの方向にあるようです。 

JUGEMテーマ:地デジ対策情報


アンテナ工事はアンテナ工事専門店で、とお考えになる方も多いと思いますが、実際のシェアで言うとやはり家電量販店経由で工事をなさった方が多いと思います。大手家電量販店は全国ネットで展開しており、アンテナ工事受注の窓口としては大きな役割を担っていると思います。

現在一部の大手量販店では、既にアンテナ工事見積もりは有料となっておりますが、現在無料見積もりをうたっている量販店も追随する傾向にあるようです。
本来は「工事を受注されるお客様に対して事前にお見積もりをする」という趣旨があったようなので、現在の「とりあえず無料のお見積もりをいただいてから、工事の受注を考える」と言うスタイルを修正するのだと思います。

また同時に工事料金の細分化が行われるところもあるようで、「工事料金の定められていないものは現場の担当者次第」と言うグレーゾーンを極力減らす目的もあるのでしょう。
お見積もりの有料化自体は、「お見積もり後に工事受注をいただいた場合は、お見積もり料金分減額する」ものが主流で、実質的には無料見積もりということになり「お見積もりをしたものの、結局工事の受注につながらない」割合を減らすことにもつながります。しかし状況によっては高い工事料金を提示されたものの、すでに一部の支払いが発生しているためそのまま受注することが一番得だと思えてしまい、しぶしぶ工事を依頼することもあるかもしれません。回避策として、現地お見積もり以前にご自身で状況の把握と計算をすることが望ましいのですが、それが困難であればやはり現地見積もりをご依頼しましょう。

弊社でも現在の状況と希望する工事内容を教えていただければ、わかる範囲でお見積もりを出すことができます。担当者が内勤の時は電話でも可能ですし、メール(お問い合わせフォーム)のお問い合わせはもちろん24時間受け付けております。これらは永年無料とさせていただいております。

弊社の工事料金は、しばらく業界の動向(材料の仕入れ金額の変動や、材料確保にかかるコスト)などを考慮して考えていきたいと思っています。また現在は弊社のお見積もり後のご成約率はほぼ100%ですが、ご成約率に変動があるようであればお見積もりも有料化(実質無料)せざるを得ない場合もございます。また2011年6月以降は駆け込み需要が発生する可能性も高く、多くの受注をこなすためにもご成約率を維持できるように努めてまいりたいと思っております。

まず第一に品質を守ることを心がけておりますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

Pin It on Pinterest