こんにちは。松本です。

先日行ったテレビの壁掛け事例の中でも、フルモーション金具と言う上下左右に動かすことのできる金具での設置例をご紹介いたします。

テレビの壁掛け[フルモーション]設置例

[テレビ壁掛け工事・スピーカー天吊工事・東京都・壁掛けテレビ施工写真]


今回はコンクリート打ちっぱなしの壁面にフルモーションタイプと言う金具を利用しての設置となっております。
金具は高価なのですが、テレビやモニターディスプレイを90度左右に向けることが可能です。
状況によって視聴環境が変わる場合や、金具の固定位置が角に近い場合、また壁面と左右の角度をつけて設置したい場合などに使用する金具です。もちろん設置後に上下の角度を変えることも可能です。
今回はリビング及びキッチンでもご視聴できるようにというご要望で提案させていただきました。
テレビの壁掛け[フルモーション]設置例まずテレビを設置する場所まで、アンテナ線と電気を持っていかなくてはいけないので、通線の為にダウンライトを外しました。
これは事前に調査していて通線できるようになっていたのでここを利用しました。

テレビの壁掛け[フルモーション]設置例念のためファイバースコープを使って中の様子を軽く確認しました。できるだけ点検口等を作らずに済ませるために、こういった器具があると便利ですね。
さすがに全てのスタッフには装備させていませんが、必要そうな現場には携帯させるようにしています。
テレビの壁掛け[フルモーション]設置例設置面がコンクリートなので、アンカーを利用して取付金具の土台を取り付けます。今回は金具も重量があり、さらにアームが可動するのでしっかりとした設置が必要です。
金具自体は59kgの重量まで耐えることができますが、今回設置したテレビは46インチで30㎏未満でしたので、金具の強度としてはまだまだ余裕はあります。
とは言え、金具の重量も考えるときちんとした設置が不可欠です。
テレビの壁掛け[フルモーション]設置例金具はアームが2段階になっているので、可動域も広くテレビも90度横に向けることが可能となっています。
今回はやや下に向けて設置しているため、写真は少し下に傾いた状態になっています。

設置写真です。
フルモーションウォールマウント

フルモーション金具も壁面に近づけてフラットに設置することもできます。
フルモーションウォールマウント
さらにアームを手前に引っ張り出して、90度角度を変えることもできます。 

テレビの壁掛け[フルモーション]設置例90度横に向けた状態の背面です。
今回の配線は、アンテナケーブルと電源コードだけと言うシンプルな構成ですが、アームに挟み込まれないように取り回しに注意が必要です。

テレビの壁掛け[フルモーション]設置例上記写真のアップですが、今回は天井にアウトレットを設置しておりますので、コンセントは抜け止め用を用い、アンテナプラグはねじ込み式を採用しております。

東京都・埼玉県・千葉県のテレビ壁掛け工事料金はこちらを参考にしてください。

JUGEMテーマ:テレビの壁掛け

Pin It on Pinterest