こんにちは。松本です。
弊社でも好評の地デジ用フラットアンテナ(他社さまでは、平面アンテナやデザインアンテナという呼び方もありますが、弊社では基本的にフラットアンテナと呼んでいます)でございますが、機種によってはカラーバリエーションがございますが、ご存知でしょうか。せっかくこだわりのアンテナを取り付けるなら、家に合わせて色にもこだわりたい、というニーズはあって当然です。とは言え、自分の家にはどの色が似あうのかがわからないとお考えの方も多いと思います。
エアコンの工事の時もそうなのですが、配管カバー(ダクト)工事も「一般的には無難にアイボリーで」と、なりがちなのですが中には「あれはグレーの方がいいのでは?」とか思う工事を目にすることもあります。これらはお客様がカラーバリエーションがあることを知らない、また工事会社がカラーバリエーションをそろえるのが負担になる、といった理由などから蔓延してしまいがちなことなのだと思います。 

弊社では色の指定がない場合は、建物の外壁の色をお伺いしたうえでいくつかのカラーバリエーションをそろえてお見積りをさせていただいております。やはり現物をご覧になっていただいて、気に入ったものをお取り付けいただくのが最良だと考えるからです。

UAH800Lこれは7月に工事をしたDXアンテナのUAH800L(ライトブラウン色)です。
アンテナ本体は淡い色ですが、それでもこの建物にホワイトを付けた場合とのギャップはかなりあるのではないかと思います。今回は試験的ではあったものの、そのほかにもこだわりの施工を施してあります。
アンテナの色は商品の違いなので明確に指定することは可能だと思いますが、その他のこだわりの箇所とはどこでしょうか?

フラットアンテナ ライトブラウン実はアンテナ線(同軸ケーブル)です。
弊社では通常薄灰色(ほぼ白)と黒の2色から適した色を選んでいるのですが、今回はアイボリーを使用しました。アイボリーとはいっても、若干赤みの入った色なので、外壁の色にぴったりです。
アイボリーのケーブルは通常在庫していない場合もございますので、ご要望のある方は事前にご相談ください。
ただし、追加費用が発生してしまうことをご了承ください。
その他にもこんなことはできないの?と言ったご要望がございましたら、ぜひお聞かせください。

今回は坂戸市で、東京タワーより46km程度の距離でしたが、充分に質の良い電波を受信することができました。坂戸市は東京タワーに向かって鶴ヶ島市、川越市、ふじみ野市、富士見市、志木市等と連なっておりますが、このライン(東武東上線沿線とその付近)は今までフラットアンテナを設置してみて、比較的受信状況がいいように思えます。

[地デジ工事・DXアンテナ・平面アンテナ・埼玉県坂戸市・アンテナ施工写真]


Pin It on Pinterest