こんにちは。松本です。
今日は普段のお仕事とは全く関係のない話ですが、昨日のアクセス数が多かったので、おそらくその原因となったことをここで少しお話します。 

弊社の地デジアンテナ工事等の記事よりも、おそらくはツイッター等で触れた、このマイナーチェンジが原因ではないかと考えています。

弊社の記事はブログサービスのJUGEMを利用していますが、このJUGEMにさまざまなボタンを付けました。twitterのRTボタンは以前よりつけていたのですが、これを機にデザインの変更に合わせてTweetボタンの変更も致しました。

JUGEMユーザーの方の参考になればと、弊社ブログに設置した際のJUGEM独自タグを使った記述を書いておきたいと思います。


現在各記事の最下段に、左から「Twitter」「Gree」「LogPi」「JUGEMブックマーク」「EverNote」「mixi(3種)」のボタンとなっています。

JUGEMのタグは、記述する位置によって別物を使わなくてはいけない場合もあるので、ここと同じものを記述してもうまくいかない場合もあるかと思います。そのあたりは調整してみてください。

Twitter
<a href=”http://twitter.com/share” class=”twitter-share-button” data-count=”horizontal” data-via=”ここは連動させるツイッターアカウント名(@不要)“>Tweet</a><script type=”text/javascript” src=”http://platform.twitter.com/widgets.js”></script>
ただし、Twitterに関してはこれをコピペするより、こちら(Twitter/ツイートボタン)より自動生成したほうがいいです。

Gree
<iframe class=”greebutton” src=”http://share.gree.jp/share?url=%7Bentry_permalink%7D&type=4&height=16″ scrolling=”no” frameborder=”0″ marginwidth=”0″ marginheight=”0″ style=”border:none; overflow:hidden; width:16px; height:16px;” allowTransparency=”true”></iframe>
こちらも公式ページSocial FeedBackより自動生成できます。ただし、widthの値は初期値が100であったため縮めています。

LogPi、JUGEMブックマーク
{logpi_link}
{pookmark_link}
これらは独自タグの記述のみで実装可能です。

Evernote
<script type=”text/javascript” src=”http://static.evernote.com/noteit.js”></script>
<a href=”#” onclick=”Evernote.doClip({
providerName:’株式会社クラウンクラウン‘,
contentId:’evernoteclip‘,
header:’<h1>{entry_title}</h1><br /><h2>地デジフラットアンテナ工事、テレビ壁掛け工事|株式会社クラウンクラウン</h2><br />{entry_date}‘,
footer:’[{entry_permalink}]‘,
url:’{entry_permalink}‘,
title:’{entry_title}‘,
styling: ‘full’,
suggestTags:’地デジ,オール電化,テレビの壁掛け‘}); return false;”>
<img src=”http://static.evernote.com/article-clipper-jp.png” alt=”Clip to Evernote” /></a>
こちらも公式ページがあるのですが・・・Evernote Site Memory
ただし、手書きで項目を追加したり手を加えています。ちなみに、suggestTagsはたくさん書いても最初の3つしか表示されないようです。
また、ヘッダーフッターの設定は完全に手動ですが、これがどうなるのかは一度クリップボタンを押してから、確認画面を開いてみてください。仕様を見ると、もっと細かくフォント等を調整できそうですね。

mixi check
<a href=”http://mixi.jp/share.pl” class=”mixi-check-button”
data-key=”ここは個別の設定が必要です
data-button=”button-1″>Check</a>
これはちょっと面倒なのですが、まずmixi Developer登録というものが必要となります。
ここで注意が必要なのですが、実はこれ、現段階では携帯電話のメールを使った確認が必須となっています。最近は対応したとは言え、Experiaオンリーユーザー等にはちょっとワンステップ必要な認証と言えるかもしれません。また、テンプレートに以下のメタタグが設置されていなければ、是非設置しましょう。
<meta name=”description” content=”{blog_description}もしくはブログの説明” />
他にもいろいろできるようなので、時間のある方は技術仕様を是非一読しましょう。必須項目、推奨項目等が書かれています。

mixi 日記を書く
<script type=”text/javascript” src=”http://static.mixi.jp/js/share.js”></script>
<a href=”javascript:window.location=’http://mixi.jp/simplepost/diary?title=’%2bencodeURIComponent(‘{entry_title}‘)%2b’&body=’%2bencodeURIComponent(‘{entry_title} – blog – {entry_permalink}‘)” target=”_blank”><img src=”http://img.mixi.jp/img/basic/mixicheck_entry/bt_diary_1.png” /></a>
これが実際一番手間取りました。EUC-JPじゃないと文字化けするよ、と聞いていたのに、EUC-JPで文字化けしてしまったので。ということで、URLに日本語が入りそうな部分(ブログのタイトルなど)にencodeURIComponentをかませました。%2bといのは[+]のことですね。
それがわかればなんてことはないと思います。

mixi つぶやく
<a href=”javascript:window.location=’http://mixi.jp/simplepost/voice?status=’%2bencodeURIComponent(‘{entry_title}‘)%2bencodeURIComponent(‘{entry_permalink}‘)” target=”_blank”><img src=”http://img.mixi.jp/img/basic/mixicheck_entry/bt_voice_1.png” /></a>
これはもう上の日記を書くボタンと変わったことはないですね。挙動の確認には是非こちらのボタンで試してみてください。確認ボタン押さなければ投稿もされませんから。

他にもFaceBookシェアなどもあるので、今後デザインレイアウトと相談しながら取り入れてみたいと考えています。

今回は仕事と全く関係ないことでしたが、どなたかの参考になればと思います。
ちなみに、現在(2010/9/21)にBSアンテナキャンペーンなども致しておりますので、エリア内の方でご検討中の方がいらっしゃいましたら、是非ご利用ください。

10/23追記:
mixiチェックについては、独自タグが実装されましたね。
これで煩わしいmixi Developer登録なんてものをしなくてよくなりました。
詳細はこちらから。
JUGEMお知らせブログ:mixiチェックに対応いたしました!

JUGEMテーマ:JUGEM

Pin It on Pinterest