こんにちは。松本です。
今週末は天気も晴天とはいかず、お出かけするのにも腰が重くなってしまいがちですよね。
そこで、この週末は自宅でオリンピック中継をご覧になるのもいいかもしれませんね。
オリンピック自体は明日閉会式を迎えてしまうわけですが、オリンピック中継で気づいたことがありました。皆さんはお気づきになられたでしょうか?
それはデータ放送です。
テレビのリモコンについている[d]ボタン。こちらを押すと、地デジ(BSデジタルでも)ではデータ放送を観ることができるのですが、オリンピック中継のデータ放送が今までのものと少し違う?! 

通常のデータ放送は、現在の放送番組が半分ぐらいに縮小されて、空いたスペースに他番組の宣伝や天気予報等が表示されるものですが、先日のフィギュアスケートの中継の時のデータ放送は、個人的にはとても素晴らしいと感じました。
地デジデータ放送メニュー画面小データ放送部分以外をぼかしてみましたが、お分かりになりますでしょうか。
中継中にデータ放送画面を表示すると、演技の邪魔にならないように小さなメニューが表示されました。
内容としては現在までの暫定順位や選手それぞれの演技予定時間などが一覧として見られるようになっていました。
地デジオリンピックデータ放送そのなかで、選手の演技予定を表示してみると、わずかに透過されたウインドウ内にて演技の順番と選手名、国名、予定時刻、ショートプラグラムの順位と得点が表示されました。これはとても見やすかったのと、特に応援したい、見たいという選手がいる場合にも便利ですよね。
なにより中継画面が縮小されないので、HV画質で大きな画面のまま堪能することができました。一部分が隠れてしまうという点では賛否あるかもしれませんが、僕はこのデザイン、レイアウトは秀逸だと思いました。
今までのアナログ放送では考えられなかったことですよね。
「あれ?今何番目?」
「真央ちゃんいつやるの?」
「誰が暫定一位なの?」
等といったことがすぐわかりました。
ちなみに、終盤まで暫定一位は鈴木明子選手でしたが、次々と他の選手が演技をする中「彼女はショートプログラムが○○点だったから、これなら大丈夫だろう」とか、思いながら観ていました。
キム・ヨナ選手が演技をする時はデータ放送を観ている場合ではないかなと思っていましたが、あの演技の素晴らしさには感動させられ、得点に驚き、データ放送で見た下位の選手の総合得点をキム・ヨナ選手はフリーの得点だけで超えてしまっているのを見て更に驚きました。
長洲未来選手はもしかしたらメダルを取るのではないか、と思っていましたが僅差で逃してしまいましたね。でもみなさんとてもいい演技で、感動させてもらいました。
浅田真央選手の演技も感動しました。メダル獲得おめでとうございます。個人的にはショートプログラムの方が好きでした。
日本勢3名とも入賞というのには驚きました。おめでとうございます。

これからも各放送局は視聴者が求める情報を、邪魔にならないように表示できるデザインで配信していっていただきたいと思います。ほんの少し前のテレビ放送とは格段に進化していっている時期なのではないかなと思います。

欲しい情報を見たいタイミングで見ることができるようになってきています。まだデータ放送をお試しになったことのない方は、是非今日から活用してみてください。また、まだ地デジを導入されてらっしゃらない方は、弊社や最寄りの工事店さんなどをご利用ください。

NHKオリンピック情報サイトも見ごたえ十分です。
NHKバンクーバーオリンピック

※各画像は著作権法第32条にのっとって引用させていただきました。
JUGEMテーマ:地デジ対策情報

Pin It on Pinterest