フラットアンテナ・デザインアンテナ工事

株式会社クラウンクラウンでは次世代アンテナとしてフラットアンテナ(デザインアンテナ・平面アンテナ等とも呼ばれる)工事を推奨しています。
なにより建物の外観を損なわず、また屋根の上に立てることがないので鳥の糞被害などもなく、太陽光発電との相性もバツグンです。また景観指定区域で屋根の上にアンテナを立てることのできない場所でも、壁面や屋根裏にアンテナを設置する事例が増えてきました。電波障害地域でなければ、アンテナを設置することにより、ケーブルテレビや光ファイバー視聴による毎月の固定費を支払う必要もなくなります。
アンテナメーカー各社から様々なフラットアンテナが発売されていますが、当社では独自の調査を行い、自信を持ってお勧めできるものをメインに取り扱っております。独自試験の内容といたしましては、受信性能はもちろんのこと、アンテナ本体のつくり、設置金具の自由度や堅牢性、塗装等も含めた見栄えの良さその他を総合的に行っております。
 
一般的なフラットアンテナ工事価格は以下の通りです。
※1年に1度ほど工事料金の最適化を行っております。

内容によってはこの価格を下回ることも上回ることもありますが、多くはこのような組み合わせとなります。
強電界地域などではブースターが必要ない場合もありますが、基本的にはブースターが必要な場合の金額を想定していただくことをお勧めしております。
当社では電波測定値によって、明確にブースターを必要とするかどうかの基準を設けておりますので、無理やりブースターをつけたり、受信が不安定になるのに価格優先でブースターを提案しないなどのトラブルがありません。

アンテナ工事料金表詳細

当社ではアンテナ工事料金表を公開しております。
殆どの工事がこの料金表の項目内で収まっています。

詳細料金表はこちら

フラットアンテナ・デザインアンテナにカテゴライズされた記事一覧

江戸川区のハウセットで地デジアンテナ工事とBSアンテナ工事

今回は江戸川区での施工となりました。 直接東京スカイツリーは見えないものの、いくつかの建物に隠れているだけで、距離としては十分目視できる場所でした。 建物は2階建てで、2階の道路側の壁面にはCATV接続用のアンテナ配線がしてアリ、屋上には八木式アンテナを設置した場合の配線、更には光ケーブルでつなげた場合の配線までしてありました。 アンテナ工事をする立場からしても、お住まいになる方の立場から考えても非常に親切な配線ですね。...

続きを読む

我孫子市の飯田産業で新型フラットアンテナとBSアンテナ工事

我孫子市で新型フラットアンテナUAH201とBSアンテナ工事のセット事例です。 引込線とアンテナ設置方向が真逆でしたが、雨どいの上に配線を行い見た目も綺麗に仕上げてあります。 飯田産業の物件でした。 今回は寄棟の屋根ではありませんが、引込線からアンテナ設置位置まで雨どいが連続していたため、綺麗に配線することができました。 この場合、屋根の上からの作業になりますが、3階建てだったり、急勾配の場合は別途作業料金が必要になります。...

続きを読む

どこよりも早い東久留米市での新型アンテナUAH201施工事例

先日紹介した新型デザインアンテナ(フラットアンテナ)の通常製品が入荷してまいりましたので、早速設置してまいりました。 DXアンテナ社のUAH201という機種になります。 相変わらず新製品のアンテナ工事施工事例では一番最初となるのではないでしょうか。 当社では多くのアンテナから設置する機種をお選びいただけますが、この新型アンテナも既にお選びいただけるようになっております。 アンテナの紹介記事についてはこちらをご覧ください。 DXアンテナの新しいフラットアンテナ発表 アンテナを固定する壁面取り付け金具が少し変わりました。...

続きを読む

藤沢市にてスカイツリーからの電波受信

こんにちは。 今回の地デジアンテナ+BSアンテナ工事は藤沢市でしたが、東京スカイツリーと平塚中継局の両方の放送エリアにあたる場所での工事でした。 このように複数の電波塔からの電波を受けられる場所もあるのですが、その場合、どこでも好きなところを選べると言うことでもなく、放送エリアの中であってもうまく受信できないものがあります。 今回はどちらの電波を受けるのがいいか、という選択において、以下の点を考慮して決定しています。 電波の受信感度 それぞれの電波を受ける際に設置する場所の都合...

続きを読む

川崎市多摩区にて屋根裏へのアンテナ設置事例

こんにちは。 施工事例のご紹介は久々となってしまっておりますが、今回は近年注目されているアンテナの屋根裏設置事例の一つをご紹介します。 屋根裏設置自体は当社では2011年より3年間の実証実験を行った後、2014年より公式に受注を行っている施工方法です。 今までも多くの施工実績がありそのメリットデメリット、ハウスメーカーや建物の特徴毎の注意点等多くのノウハウがたまってきております。...

続きを読む

練馬区でケーブルテレビからアンテナへ切り替え工事(屋根裏設置)

こんにちは。 先日の地デジ屋根裏設置+BSアンテナ設置事例となります。 ご新築当初からケーブルテレビでの視聴だったものを今回アンテナ工事への切り替えされた事例となります。 工事としては若干特殊な部類となり工事金額は通常よりも高くなっております。...

続きを読む

鎌倉市で小型フラットアンテナの横向き設置事例

こんにちは。 鎌倉市での施工事例は以前もいくつか紹介しておりますが、今回は大船中継局からの電波を小型フラットアンテナ(デザインアンテナ)で受信した事例の紹介です。 大船中継局は東京スカイツリーと違って、電波の特性が90度傾いています。 昔からある八木式のアンテナでも、地方によっては傾いて設置されている場合がありますが、大船中継局も同様です。 フラットアンテナでも同様に90度傾けて設置しなくてはいけないのですが、今一般的となっているUAH810やU2SWL20ではこの横向き設置に対応しておりません。...

続きを読む

さいたま市緑区でポラスの住宅で屋根裏アンテナ工事

当社の工事では、ポラスの物件の屋根裏に地デジアンテナを設置する工事がたびたびあります。 ポラスは屋根裏にアンテナ引込線(幹線)が通っていることが多く、また屋根材や断熱方式も電波を遮りにくいものであるというメリットがあります。 一般的に「八木式アンテナ(魚の骨のようなアンテナ)」の方が「フラットアンテナ(デザインアンテナ)」よりも性能がいいと言われますが、それほど差はありません。...

続きを読む

府中市でこげ茶のフラットアンテナ設置

府中市でのフラットアンテナ(デザインアンテナ)設置事例です。 今回は当初屋根裏設置をご希望されていた事例ですが、屋根裏点検口の入り口から先が狭くなっており、なおかつ、その先の移動も非常に危険だと判断し、断念せざるを得ない状況でした。 目視で確認できる範囲にアンテナの引込線があり、2m屋根裏に潜ることができれば屋根裏設置もできたと思わるだけに残念です。 外壁はこげ茶色でしたので、今回はその色に合わせたフラットアンテナの設置をしております。 色名はブラックブラウンとなり、アンテナの型式はUAH810Bとなります。...

続きを読む

草加市で屋根裏に小型フラットアンテナ工事

屋根裏設置事例の多いPOLUS(ポラス)ですが、今回は今までとは少し違う事例です。 まず屋根の勾配が緩やかに作られていたため、屋根裏のスペースが小さくなっていました。 通常のフラットアンテナ(八木式20素子相当・UAH810など)では設置できるスペースが足りないため、取り付けることができません。 電波の受信状況を確認すると小型のアンテナでも十分受信できておりましたので、お客様の当初のご希望通り屋根裏(天井裏)へのアンテナ設置となっています。...

続きを読む

川越市にて屋根裏に八木式デザインアンテナ設置

川越市での事例ですが、屋根裏に八木式デザインアンテナの設置を行いました。 結果としては単純ですが、どうしてそういった工事になったかという経緯は意外と複雑な事情がありました。 屋外のアンテナ線引き込み口近辺で十分な電波が受信できており、小型フラットアンテナ(スカイウォーリーミニ)をそちらに設置するという選択肢もあり、もちろんその方が工事費用も安く済んだのですが、今回このような工事に至ったのには見た目の問題以外に原因があります。...

続きを読む

東村山市で屋根裏(天井裏)にフラットアンテナを設置しました

当社の施工実績の中でも、比較的屋根裏施工の多い一建設(はじめけんせつ)の建物事例です。 今回は東村山市での施工事例となります。 フラットアンテナ(デザインアンテナ)を屋根裏に設置しています。 一建設では、多くの場合天井裏をアンテナ線が通っているため(※すべてかどうかはわかりません)屋根裏で電波さえ受信できれば、特殊な工事をしなくても屋根裏受信(結線)が可能となります。 天井裏を通っているアンテナ線(大元の引込線)を途中で切断し、アンテナに接続します。 この時、電波の状況によりブースターの設置位置も検討します。...

続きを読む

足立区でブースター不要の地デジフラットアンテナ工事

足立区などで東京スカイツリーがベランダから直接目視できるような場所は、十分に電波が強く受信できると考えられます。 今回もそのような事例で、しかもアンテナ設置場所のすぐ近くに引込線が出ているという好条件であったため、工事時間も短く、工事料金も安く済ませることができました。 アンテナ配線の色については前回の記事で触れたばかりですが、今回は白いケーブルをそのまま使うことにしました。 理由としては以下のようなものがあります。 引込線の位置がベランダ正面ではなく、更に左の壁面で雨どいの向こう側という作業性の悪い場所であった。...

続きを読む

豊島区で地デジフラットアンテナミニの取付

豊島区で小型の地デジフラットアンテナを取り付けた事例です。 元々黒いアンテナ線が引き込まれていましたが、バランスを考えて見えるところは薄灰色(実質白と言われるケーブル)のケーブルになるように工夫しています。 また、アンテナ線の引込位置、電波の受信方向、建物の形状、電波の受信感度などをトータルで考えマスプロ電工のスカイウォーリーミニ(U2SWLC3)を90度角度をつけて設置しています。...

続きを読む

船橋市にて天井裏に地デジフラットアンテナ工事

船橋市での工事でしたが、今回は天井裏への地デジアンテナ設置工事でした。 天井裏設置の非常に多いポラス(POLUS)【※当社施工実績より】でしたので、工事自体はとてもスムースに行えたのではないでしょうか。 また、天井裏設置の場合は設置の自由度が高く、コンパクトで、なおかつ電波の受信確度が広いフラットアンテナ(デザインアンテナ)を使用するのがお勧めです。 ベランダなどで電波を測定し、特に問題がなければほとんどの場合で天井裏でも問題なく電波が受信できます。 また、多くの事例でベランダよりも天井裏の方がいい電波を受信できています。...

続きを読む

羽生市で小型フラットアンテナと黒いBSアンテナの設置工事

埼玉県羽生市でのフルセットアンテナ工事施工事例です。 比較的フラットアンテナ(デザインアンテナ)での視聴が難しいと言われることが多い地域のようですが、今回はフラットアンテナの中でも小型のもので十分な電波を受信できています。 また、壁が濃い色であったため、それに合わせて地デジもBSも黒いアンテナで統一しています。 ブースターがどうしても黒ではなく、そこが残念ではありますが、正面から見たときに見えなくなる位置に取り付けることができています。...

続きを読む

熊谷市で屋根裏への地デジフラットアンテナ設置

熊谷市内で電波状況の良かった場所でのフラットアンテナ(デザインアンテナ)設置事例です。 BS/CSアンテナも含めたフルセット工事となっています。 今回はBSアンテナの設置位置なども含め、既存のアンテナ配線の位置などを検討した結果、地デジフラットアンテナは屋根裏へ、BSアンテナは新規に屋根裏から引き出したアンテナ線に接続する形となりました。 外壁に出ていたアンテナ配線を屋根裏の中に引き込み、BS用の配線はベランダ側に新たに配線してあります。 配線用にあけた穴は、シリコンコーキングにて防水処理を施しています。...

続きを読む

中野区でスカイウォーリーミニの設置

今年3月に新しく発売されたスカイウォーリーミニ(U2SWLC3)の設置事例です。 アンテナの能力としてはU2SWL20が八木式アンテナの20素子と同程度であるのに対し、U2SWLC3は八木式アンテナでいうと8素子タイプよりも更に能力としては下回っています。※メーカー発表動作利得参考 今回設置する際に、設置場所にてU2SWL20とU2SWLC3で電波調査を行っています。 その時の受信状況は以下のようになっていました。 物理Ch 放送局名 U2SWLC3 U2SWL20 レベル MER(dB) BER レベル MER(dB) BER...

続きを読む

千葉県柏市での地デジフラットアンテナ屋根裏設置事例

今回は千葉県柏市で行った、地デジフラットアンテナの屋根裏設置事例の紹介です。 ポラスの住宅でしたが、ポラスは多くの場合天井裏にアンテナ線が引き込まれています。 そのため、通常でも屋根裏設置に向いていますが、アンテナ線の引込線がアンテナ設置位置と遠かった場合などは、かえって屋根裏設置の方がお勧めの場合もあります。...

続きを読む

埼玉県越谷市で黒いBSアンテナと屋根裏地デジアンテナ工事

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 今回はブースター内蔵地デジフラットアンテナ(デザインアンテナ)の屋根裏(天井裏設置)と、黒いBSアンテナの設置事例の紹介です。 埼玉県越谷市は比較的電波のいい場所が多く、地デジとBSアンテナの同時工事の場合は、地デジブースターおよびBS混合器内蔵のフラットアンテナを使用するとすっきりと、また工事価格を抑えた工事が可能です。 今回の物件では、屋根裏に分配器と100Vコンセントが設置されていたため、地デジアンテナの設置に関してはいい条件となっていました。...

続きを読む

川崎市で黒いBSアンテナとフラットアンテナの工事

こんにちは。 クラウンクラウンの松本です。 今回ご紹介するのは黒いBSアンテナとフラットアンテナ(デザインアンテナ)の同時設置事例です。 川崎市川崎区では通常スカイツリーからの電波を受信しますが、みなとみらい中継局からの電波も問題なく受信できていたため、今回はみなとみらい中継局からの電波で受信しています。 こうすることにより、今回はアンテナ二つをコンパクトにまとめた設置が可能となり、事前に建物から配線されていた「アンテナ引き込み線」からきれいに配線することができました。...

続きを読む

春日部市でフラットアンテナ工事事例

クラウンクラウンの松本です。 埼玉県春日部市でのフラットアンテナ工事事例です。 春日部市も電波の受信状況がいい場所が多く、今回も特に問題なく電波の受信状況は良好でした。 テレ玉は受信方向が違いますが、何とか受信できていました。 今回はブースター本体は浴室点検口の中に設置してあります。 今回はタマホームでの施工事例でした。 今回のアンテナ工事料金 地デジフラットアンテナUAH810アンテナ工事 ¥43050 地デジフラットアンテナ(UAH810) ¥22000 地デジブースター(DU35M) ¥14000 6m梯子作業 ¥2000...

続きを読む

埼玉県鴻巣市で八木式デザインアンテナ工事

クラウンクラウンの松本です。 先日関東での記録的な積雪も嘘のように、翌日から暖かくなりましたが、そんな中で八木式のデザインアンテナの設置事例を紹介します。 雪が降った日から二日たっていますが、場所によっては雪がまだ残っていました。 幸い屋根の上の雪はほとんど落ちていたので、作業をすることができました。 今回は八木式アンテナの中でも少し変わったアンテナで、これもデザインアンテナと呼べるものです。 切妻屋根の半分が全面太陽光パネルとなっているため、屋根上での設置ができない状況でした。...

続きを読む

世田谷区で地デジフラットとBSアンテナ工事

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 東京都世田谷区内でのアンテナ工事事例です。 地デジフラットアンテナとBS(110度CS)アンテナの同時設置事例です。 2013年後半はこの組み合わせがとても多かったです。 NHKの衛星放送受信料金は地デジのみの場合に比べ、1年間で約10,000円高くなりますが、僕は個人的にBS放送が好きです。 BSアンテナ(110度CSアンテナ)と地デジフラットアンテナは、家の角を挟んですぐ隣り同士で設置することができました。...

続きを読む

埼玉県北本市でフラットアンテナへの入替工事

クラウンクラウンの松本です。 今回は以前一度ご依頼をいただいたものの、当時はフラットアンテナでの受信ができなかった現場で、スカイツリーの電波に切り替わったのちに問題なく受信できるようになったという事例です。 最初に訪問した時は、アンテナが倒れ掛かっていたために、屋根の上で倒れる心配をなくすためにフラットアンテナにしたい、というご要望でした。 ですが、当時は東京タワーからの電波がうまく受信できなかったため、既存のアンテナの支線を補強し、スカイツリーの電波に切り替わるまでの応急処置としていました。...

続きを読む

戸田市で天井裏に地デジアンテナの設置

クラウンクラウンの松本です。 埼玉県戸田市で、フラットアンテナの天井裏(屋根裏)設置事例です。 天井裏で十分な電波は受信できていましたが、天井裏にはアンテナの配線が通っていませんでした。 ですが、ブースター電源の設置場所(分配器と100Vコンセントがある場所)から穴をあけて配線を通すことができましたので、きれいに仕上げることができました。 藤島住宅さんの物件でした。 今回のアンテナ工事料金 ¥51,450 フラットアンテナ(UAH810) ¥22,000 地デジ専用ブースター ¥14,000 点検口内作業 ¥3,000(半身)...

続きを読む

坂戸市で黒いフラットアンテナの設置

クラウンクラウンの松本です。 埼玉県坂戸市で黒いスカイウォーリー(フラットアンテナ)の設置事例です。 アンテナの設置場所(電波の受信状況がいい場所)とアンテナの引き込み線が離れていたため、アンテナ線は雨どいの上を通して配線しています。 正面が黒い壁面だったため、アンテナは黒いものを使用していますが、引き込み線が出ている面が白く、引き込み線や雨どい(縦どいも含め)も白かったため、配線も白いものを使用しています。 配線の際に梯子作業が発生しています。 今回のアンテナ工事料金 ¥45,150...

続きを読む

東久留米市でBS+地デジフラットアンテナフルセット工事

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 今回は地デジの受信状況がよく、分配数も4分配だったため、地デジブースター内蔵型フラットアンテナとBSアンテナのセット取付となりました。工事料金がお得になる事例です。 東久留米市での工事事例となります。 今回は他社様と相見積もりをお取りいただいたうえでのご依頼となりました。 そのため、現地調査、お見積もりと工事日が別日程となりました。 当社ではお見積もり後即日工事となるケースが多いのですが、このように事前見積もり後工事を決めていただいても結構です。...

続きを読む

佐倉市でブースター内蔵フラットアンテナ設置

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 千葉県佐倉市でブースター内蔵フラットアンテナの取り付け工事を行ってまいりました。 電波の受信はあまり良くなかったのですが、分配されていなかったこと(一か所のみの受信)で、ブースター内蔵タイプのフラットアンテナでうまく受信することができました。 ブースター内蔵型のフラットアンテナは、ブースター用電源を別途設置する必要があります。 こちらの住宅では浴室の点検口の中にブースター電源用の100Vコンセントが設置してありました。...

続きを読む

越谷市でCATVから屋根裏アンテナへの入れ替え

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 越谷市でCATV(ケーブルテレビ)から屋根裏のフラットアンテナへの切り替え工事を行いました。 新築の屋根の上にはアンテナを付けたくないという方は結構多くいらっしゃると思います。ですが、以前は東京タワーからの電波ではうまくフラットアンテナで受信ができなかった、もしくはフラットアンテナ自体がなかった(知らなかった)ために、ケーブルテレビに加入された方も多くいらっしゃるようです。...

続きを読む

柏市で屋根裏にフラットアンテナの設置

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 今回は千葉県柏市で、屋根裏(天井裏)にフラットアンテナを設置した事例の紹介です。 2013年は実に屋根裏設置の案件が多くありました。 屋根裏での安定受信は、スカイツリーに近ければいいとか、近くなくてはいけないというわけでもなく、今回は特に屋根の上に全面太陽光パネルが設置された建物で、柏市での設置事例となります。 写真を見ていただけると分かるかもしれませんが、アンテナの方向(電波受信方向)は屋根の傾斜(太陽光パネルが載っている面)ではなく、壁方向に向いています。...

続きを読む

世田谷区でデザインアンテナ剛弓の設置

こんにちは。 松本です。 今回はデザインアンテナの設置事例の中でも、八木式のデザインアンテナの設置事例となります。 一般的にデザインアンテナというとマスプロ電工のスカイウォーリーやDXアンテナのデジキャッチフラットのことを挿す場合が多いようですが、当社ではそういったアンテナはさらに細かく「フラットアンテナ」というカテゴリーとしてとらえています。 そこで今回ご紹介するアンテナは、デザインアンテナ(つまり、デザイン性の高いアンテナ)ですが、フラットアンテナではなく八木式です。...

続きを読む

さいたま市桜区でCATVから屋根裏アンテナへ変更

こんにちは。 クラウンクラウンの松本です。 今回はさいたま市桜区で、ケーブルテレビからアンテナへの切り替え工事を紹介します。 軽量鉄骨造の建物(トヨタホーム)でしたが、無事天井裏に設置できました。 この春あたりから天井裏設置の事例がかなり多くなりましたが、今回は軽量鉄骨造の少し変わった設置事例です。 ケーブルテレビからの入れ替えの際に気を付けていただかなくてはいけないのは、同時に電話やインターネットもケーブルテレビのオプションとして利用していないかどうかです。...

続きを読む

茨城県つくば市で地デジフラットアンテナ工事

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 もう間もなく東京タワーからの電波もスカイツリーに切り替わりますが、東京タワーの電波でもつくば市で問題なくフラットアンテナ(デザインアンテナ)で受信することができました。 また近辺では中継局が他にもいくつかあり、それらの電波だけでなく、テレ玉(テレビ埼玉)や千葉テレビの電波も良好に受信していました。   まわりに特に電波を遮りそうな建造物もなく、見晴らしのいい場所でした。...

続きを読む

三郷市で新色デザイン黒いフラットアンテナ設置

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 今回は発売されたばかりの黒いフラットアンテナの設置事例を紹介します。     この商品が当社に届いて1週間も経たずに設置することができ、こうやってご紹介できるのは運がいいのかもしれません。 とは言え、ここ最近は白と黒の2色使いの壁の家も増えてきているような気がします。 黒一色の家もときどき見かけるようになりましたよね。 そう言う家を見るたび、こういった黒いフラットアンテナを設置したいなと思ってしまいます。  ...

続きを読む

ふじみ野市で地デジの屋根裏設置とBS新規配線

こんにちは。クラウンクラウンの松本です。 ここ最近屋根裏へのアンテナ設置の割合が急激に増えてきました。 色々な事情がありますが、今回もやや特殊な事情から屋根裏設置になったその経緯をご説明したいと思います。   まず今回は埼玉県ふじみ野市で地デジフラットアンテナ(デザインアンテナ)とBSアンテナ(110度CS)の設置工事でした。 フラットアンテナでも充分受信ができたのですが、肝心のアンテナ線のつなぎ込み(引き込み線)が、アンテナ設置位置とはかなり遠い位置にありました。...

続きを読む

大田区で屋根裏に地デジフラットアンテナの設置(新規配線有)

こんにちは。 クラウンクラウンの松本です。   沢山ご紹介したい工事施工例がたまりにたまっているのですが、今回も特殊なケースのご紹介です。 大田区のとても素敵なご新居で、アンテナ工事をご依頼いただきました。 もともとアンテナをスッキリつけたいというご要望だったのですが、壁が総レンガであったため、壁付のアンテナはどうなのだろう??という不安も持っていらっしゃいました。...

続きを読む

フラットアンテナ頂上決戦2012年12月(データ編)

こんにちは。株式会社クラウンクラウンの松本です。 つい先日八木アンテナ株式会社から新型フラットアンテナ、VARTEがリリースされましたので、さっそくスペック比較をしてみました。 26素子相当の最高性能フラットアンテナと言うことで、ライバルはDXアンテナのUAH900(25素子相当)やマスプロ電工のU2SWL24(24素子相当)、来年発売予定のU2SWL26(26素子相当)と言えますが、今回はUAH900とU2SWL26が手元になかったため、それらとの比較は後日改めて行う予定です。...

続きを読む

宮代町でこげ茶のフラットアンテナ設置事例

先日行った工事例です。 宮代町でフラットアンテナ(デザインアンテナ)を用いて良好に電波を受信できています。 当初お客様からはライトブラウンの色と言うご希望をいただいておりましたが、実際に現場にて電波の調査をした結果、ライトブラウンの似合うベランダでは受信ができず、玄関上のスペースでの設置となりました。 そのためアンテナもライトブラウンからブラックブラウン(こげ茶)に変更しました。 アンテナの接続部分(引き込み)が家屋右側面にあったので、結果的にアンテナが右に移動したのは引き回しの都合上もメリットがありました。...

続きを読む

草加市でこげ茶の新型フラットアンテナ取り付け

  こんにちは。松本です。 草加市でDXアンテナの新型フラットアンテナUAH810B(こげ茶色)を設置しました。 今回は光TVからフラットアンテナへの切り替え工事となっています。   今まで屋根の上にアンテナをつけていなかった為、改めてアンテナを設置したいと思ってもアンテナを屋根の上には立てたくないと思ってしまいますよね。 そこでフラットアンテナで受信ができるかのご相談をいただきました。   こちらのお客様は壁の色が2色になっているので、設置する場所によって似合う色が違いますね。...

続きを読む

埼玉県戸田市で新型フラットアンテナUAH810設置

こんばんは。松本です。 先日設置したUAH810の画像をお届けします。 他の工事会社さんでもそろそろ入荷が始まっているかもしれませんが、一般のお客様宅での設置事例はまだなかなかないと思います。     今回はスタンダードなオフホワイトの取り付けでした。 UAH810はUAH800と同様、オフホワイト以外にライトブラウン、ブラックブラウンと3色のカラーバリエーションがあります。 実際はこの写真の後にアンテナの配線があったのですが、ピントが合っていなかったりしたので次回以降に持越しですね。  ...

続きを読む

UAH810性能ファーストレヴュー

こんにちは。松本です。 先日新型アンテナUAH810をお借りして、性能テストを行いました。 以前UAH800とU2SWL20の性能テストをした時と比べて変化もありましたので、やはり時間帯や周辺環境に因って性能差が逆転することもあるということでしょう。 今回は同時間・同条件で八木式アンテナの測定をし忘れてしまったので、次の機会に行いたいと思います。 衝撃のファーストレヴューはこちら! 調査日時:2012年6月14日 16時頃 調査場所:さいたま市岩槻区岩槻 調査高さ:地上高約8.0m   アンテナ 項目 20ch 21ch...

続きを読む

UAH810発売前レヴューその1

こんにちは。松本です。 DXアンテナから発売される新型フラットアンテナUAH810にご興味をいただいていた方々、大変お待たせいたしました。 今回は外観等のレビュー、続けて性能レヴューを行います。 画像が多めなのでご注意。 まず外観を見てみましょう。 DXアンテナのUAH800、マスプロ電工のU2SWL20と比較してみました。 かなりU2SWL20に近づきましたね。アンテナの性能等を考えると行き着く形は似てくるのかもしれません。 UAH800と比べるとかなりスッキリした印象です。   3機種を横から見た画です。...

続きを読む

DXアンテナの新型アンテナUAH810プレビュー

こんにちは。松本です。   まだ発売前のDXアンテナ社製最新型フラットアンテナ、デジキャッチフラットシリーズ、UAH810が手に入りましたのでさっそく検証を行いました。 検証としては地上高8mの場所(当社屋上)にて、DXアンテナのUAH800、UAH810、マスプロ電工のU2SWL20の3機種を同条件で電波測定をしました。 また大きさ等も色々と比べてみました。   ただし、以前測定した時と少し数値も変わっていた為、天候などによる誤差も充分に含まれているかもしれないということが前提です。...

続きを読む

越谷市でUAH800の設置事例

こんにちは、松本です。 引き続き越谷市での設置事例を紹介します。 今回はちょうど玄関と裏側の壁面に取り付けてあります。   今回はアンテナが外壁と平行に取り付けてありますが、現在電波を受信している方向(東京タワー)は少し斜めになります。 しかし外観上平行にした方が見栄えが良く、この状態での電波の測定値も問題がなく、なおかつスカイツリーからの電波に切り替わった際にはこの向きの方が角度は近くなるなど、様々な条件を勘案してこの設置となっています。...

続きを読む

桶川市でフラットアンテナUAH800Lの設置事例

こんにちは、松本です。 桶川市でUAH800Lの設置事例を紹介します。   白壁だと同じシリーズのUAH800(オフホワイト)とマスプロ電工のU2SWL20の2択ですが、この色となるとまだまだこのアンテナ1択ですね。 U2SWL(BE)という選択もありますが、電波の受信感度を考えると強電界地域と呼ばれる電波の強い地域でないとあまりお勧めはしていません。  ...

続きを読む

熊谷市でフラット(平面)アンテナの取付

こんにちは。松本です。 先日の熊谷市でのフラットアンテナ取付事例を紹介します。 埼玉県も場所によって電波の最適受信方向(放送塔)が異なってまいりますが、熊谷市は場所によって東京タワーであったり児玉中継局であったり、状況によっては前橋中継局からの電波が一番いいという地域です。 またそれらすべてで受信できる場合もあり、電波障害となってしまうこともございます。 受信調整はやや繊細かもしれません。   ビスなどを打つ場所には、穴の中やビス自体に防水処理を施しています。...

続きを読む

突然テレビが映らなくなった

こんにちは。 松本です。   最近お客様から寄せらたご相談にこんなものがありました。   「突然テレビが映らなくなったので、アンテナを立てていただけますか?」   通常は、突然映らなくなった場合は点検のご依頼となるのですが、どうやらアンテナを立ててほしいとのこと。 よくお話を伺ってみるとこんな内容でした。   今まで電波障害地域で、無償の共同アンテナ(電障ケーブル)がひかれていて、○月○日にサービスが終了しますという案内が以前投函されていたと言うことだそうです。...

続きを読む

八木アンテナさんがやってきました

こんばんは。松本です。   今日(この記事を書いている日からは昨日)八木アンテナさんがいらっしゃいました。 なんと今回は営業の方以外に技術・開発本部など各部署から4名もお越しいただき、いろいろとお話をさせていただきました。   八木アンテナ株式会社は、実は本社が同じくさいたま市内にあるのです。 これほど近所にありながらなかなか内部の方と直接お話をさせていただく機会がなかったのですが、今日こうしてお話をさせていただく機会をいただきました。...

続きを読む

Pin It on Pinterest